バレンシア戦でのトリデンテショー

バレンシア戦でのトリデンテショー

バルサの三人組、レオ・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールJrは、ゴール、ドリブル、アシスト、そして各自の個人プレーでカンプノウで行われたバレンシア戦で再び、周囲を魅了した。

カンプノウで行われる試合の前線の主役に、レオ・メッシルイス・スアレスネイマールJrがいないことは、まずないが、日曜日のバレンシア戦では、再び、この3人、トリデンテがその存在感をみせて、チームの勝利を導いた。

ネイマールは、スローインから二回のアシストを生み出し、スアレスがそのスキルをみせて、フィニッシュに持っていった。マンガラのレッドカードを招くことになったファウルからのPKを決めたレオ・メッシは、このバレンシア戦で、バルサのキャリアにおいて100回目のダブルゴールを決めることになった。

これでリーグ戦25ゴール目を決めたメッシは、単独で国内リーグの最多得点だ。チームメートのスアレスがメッシより4得点少なく、ネイマールJrは、8ゴールだが、その代わり、今季、19回目のアシストを決めており、ヨーロッパでもトップに立っている。この3人による前線が、繰り返されることは難しい唯一無二であることに疑いはない。その実力が再び、余すことなく表現されたバレンシア戦をビデオで再現する。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる