Torres
チーム
コーチスタッフ
  • Assistant coach Òscar Hernández
  • Assistant coach Sergio Alegre
  • Fitness coach Iván Torres
  • GKコーチ José Ramón de la Fuente
  • Analysts Sergio Garcia, Toni Lobo & David Prats
jugador_fitxa-ferran
サイドハーフ、あるいは、センターフォワードなど、あらゆる攻撃ポジションでプレーできるポリバレント性を備えている。そのスピードに裏付けされ、マークを外すのがうまく、縦横無尽に動き、そのクオリティとインテリジェンスプレーに定評がある

2000年2月29日フォイオス (バレンシア)生まれ、早生まれのフェラン・トーレスがボールに触れたのは早かった。最初はフットサル、それからフットボールへ。フットサルのEPLAスクールでプレーし始めた時に、バレンシアCFユースの目をひいたからだ。よって、たった7歳で、バレンシアでのキャリアを始めることになったのだった。

そこから、彗星の如く、道は開かれた。一瞬にして、バレンシアのプレベンハミンからトップチームへ。バレンシアユースでの記録を生み出した。国内大会でデビューした日、2017年12月16日、エイバル戦で、リーガにおいて21世紀生まれでプレーした初めての選手となった。その数日前、11月30日には、国王杯でサラゴサを前に公式デビューを果たしていた。

フェラン・トーレスの統計データは、いかにサッカーのエリートとしてスピーディに成長してきたかを証明している。バレンシアのユニフォームきて、毎年、その実力はフォーカスを浴びることになった。チームにとって重要なパーツとなるまでに育ち、2年ちょっとで、2017/18年の途中から、 2018/19、 2019/20年にかけて、97試合に参戦し、9ゴールをマークした。

言うまでもなく、その最初の成功は、2019/20年国王杯 であり、その決勝でバルサを破ったバレンシアで、フェラン・トーレスは、90分間、プレーし、2008年以来、バレンシアでの初めてのタイトルを制覇したのだった。

バレンシアからマンチェスターシティへ

バレンシアの選手として素晴らしいシーズンを過ごした後、ペップ・グアルディオラの率いるマンチェスターシティへ移籍することになり、バレンシアで全人生を過ごした後、フェランは、リーガからプレミアムリーグへの活躍の舞台を移した。サイドハーフから、攻撃のセンターへ。彼のイングランドへの到着は、攻撃選手としての能力を一気に開花させた。2020/21年、マンチェスターでの初年に30試合に出場し、11得点をマーク。そこでリーグ優勝、EFL杯での成功も経験することになった。

バルサの新加入選手は、 2021/22年、イングランドのクラブで第二期を迎え、4試合に出場し、2得点を決めている。

出生地
Foios, Spain
生年月日
29/02/2000
体重
77kg
身長
184cm
クラブデビュー
12/01/2022

タイトル

  • Manchester City
    Premier League
    1
    2020/21
  • Manchester City
    League Cup
    1
    2020/21
  • Valencia CF
    Copa del Rey
    1
    2018/19
  • スペイン
    European Under-19 Championship
    1
    2019
  • スペイン
    European Under-17 Championship
    1
    2017

キーパーフォーマンス統計 Ferran Torres

ハイライトニュース

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ