=
FCバルセロナの歴史

FCバルセロナの歴史

監督

FCバルセロナを率いてきた数々の監督を振り返る
47410356.jpg
47410356.jpg

 

エルネスト・バルベルデ (2017-) 

1970年5月8日にヒホンに生まれたルイス・エンリケは、セルタ・デ・ビゴでの任務後、2014年の5月にタタ・マルティノの後を引き継ぐ形でFCバルセロナのベンチにやってきた。 ルイス・エンリケは、その後、2017年までトップチームを率いて、9タイトル(クラブW杯、チャンピオンズリーグ各1回、スペイン国王杯、リーグ優勝各2回、国王杯3回)を制覇する輝かしい成績を残した。

ルイス・エンリケ・マルティネス (2014-2017)

1970年5月8日、ヒホン生まれ。ルイス・エンリケは、セルタ・デ・ビゴで率いた後、タタ・マルティノの公認として、2014年5月にバルサのトップチームのベンチにやってきた。バルサを率いた初年度に、3冠(リーグ制覇、国王杯優勝、チャンピオンズリーグ優勝)を果たし、クラブワールドカップ、スペイン国王杯を制覇するなどの成果を見せており、現在までその勢いは止まることを知らない。ルイス・エンリケは、その後、2017年までトップチームを率いて、9タイトル(クラブW杯、チャンピオンズリーグ各1回、スペイン国王杯、リーグ優勝各2回、国王杯3回)を制覇する輝かしい成績を残した。

ヘラルド 'タタ' マルティノ (2013-2014)

ヘラルド 'タタ' マルティノ (2013-)は2013年7月26日からトップチームを率いることになり、Auditori 1899にて、正式に紹介された。ヘラルド 'タタ' マルティノ は、2013年7月26日にFCバルセロナのトップチームを率いることになった。 この日、Auditori 1899にて、正式に就任が発表された。バルサは、既に 2013/14年のシーズンに向けて動いており、新たな治療のために、続投できなくなったティト・ビラノバを引き継いで就任した。

ティト・ビラノバ(2012-2013)

フランセスク・‘ティト’・ビラノバは、1969年9月17日にアンポルダ(ジローナ)で生まれた。5年間、ジョセップ・グアルディオラのもとで第二監督として過ごした後、2012年6月15日にFCバルセロナの第一監督として就任した。選手としては、やはり、マシアで過ごしており、1部ではセルタでプレーしている。

ジョセップ・グアルディオラ (2008-2011)

ジョセップ・グアルディオラ・イ・サラは、1971年1月18日にサンペドルに生まれた。バルサで選手として大成功を収めた後、バルサ・アスレティックの監督として経験を積み、トップチームを率いて1年間に6冠を制覇するに至った。

フランク・ライハールト(2003-2008)

フランクリン・エジムンド・ライハールトは、1962年9月30日にアムステルダム(オランダ)に生まれた。FCバルセロナに、ラドミール・アンティッチの後任として03年の夏にやってきた。バルセロナにいた5シーズンの間、二回のリーグ優勝(05年、06年)、チャンピオンズリーグ(2006年)など、多くのタイトルを制覇した。何よりも、その優美で、コンスタントな彼のスタイルは、多くの人々の敬意を得た。

ラドミール・アンティッチ (2003)

ラドミール・アンティッチは、1948年11月22日、ジチステ(セゴビア)に生まれた。2003年1月にルイス・フアン・ハールの退任を引き継ぎ、後任を務めた。

カルラス・レシャック (1988, 1991, 1996 I 2001-02)

‘ペドラルベス出身の少年’が引退したのは1979年だったが、すぐにFCバルセロナの育成チームを手伝うために、サッカー界へ戻ってきた。

ジョレンツ・セラ・フェレール (2000-01)

ジョレンツ・セラ・フェレールは、1953年3月5日、サ・ポブラ(マジョルカ)に生まれた。フェレールは、2000年の夏にルイス・フアン・ハールがクラブを去った後、バルサにやってきた。

ルイス・フアン・ハール (1997-00 / 2002-03)

ルイス・フアン・ハールは、1951年8月8日に、アムステルダム(オランダ)の旧デ・メア・スタジアムのすぐ側で生まれた。そこで後にサッカーを学ぶことになった。

ボビー・ロブソン (1996-97)

このイギリス人紳士は、ヨハン・クライフの後を引き継ぐという非常に困難な仕事に取り組むべくやってきた。

ヨハン・クライフ (1988-96)

選手として活躍した後、‘やせっぽち’は、1988ー89年のシーズンにFCバルセロナに戻ってきた。今回は、トップチームの監督としての新しい役割を引き受けてきた。2016年3月24日に逝去。 

ルイス・アラゴネス (1987-88)

スペインサッカーの周遊人は、‘オルタレサの知識人’として知られており、スペイン内の多数のクラブチームを率いた。

テリー・ベナブレス (1984-87)

テリー・ベナブレスは、バルセロナに‘やせっぽち’メノッティの後を引き継ぐという厳しい業務を背負ってやってきた。チームと優勝カップを持ち上げることはできなかったが、魅力的でカラフルなサッカースタイルを作り上げた。

セサル・ルイス・メノッティ (1983-84)

クオリティの片りんを見せていたチームにとって、セサル・ルイス・メノッティが来たことは、大きな解決策になるはずだったが、ウド・ラテクの影響下、最大限に活用されることはないまま、終わった。

ホセ・ルイス・ロメロ (1983)

ウド・ラテクがトップチーム監督として解任された後、その後任を任されたのが、ホセ・ルイス・ロメロだった。

ウド・ラテク (1981-83)

ウド・ラテクは、バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ネンヘングラドバッハなどで成功をおさめ、多大な信用を手にクラブにやってきた。 

ジョアキム・リフェ (1979-1980)

1979 年4月18日、バルサは国王杯でバレンシアを前に敗退。第二戦の結果は4-0だった。バルサが第一戦を4-1で勝っていただけに、この敗戦はひどく堪える結果になった。

ルシエン・ミュラー (1978-79)

長い間、トップチームの選手としてつとめた後、ミュラーは33歳で引退したが、その11年後にバルセロナに復帰した。

ラウレアーノ・ルイス (1976)

1976年4月に、ヘネス・バイスバイラーがベンチを退いた後、バルセロナの管理委員会は、即座にラウレアーノ・ルイスに後任を任せることを決定した。

ヘネス・バイスバイラー (1975-76)

ボルシア・ネンヘングラドバッハのコーチとして成功を収めたあと、FCバルセロナにやってきた。 

マリヌス・ミチェルズ (1971-75,1976-78)

マリヌス・ミチェルズは、アヤックスで全てを勝ち取り、バルサにやってきた。‘ミスター・マーブル’のニックネームで呼ばれ、バルセロナのロッカールームに厳しい規律を強いて、空気を変えた。最初のシーズン、彼が手にした唯一の成功は、フェアズ・カップでリーズ・ユナイテッドを前に破り、素晴らしい決勝で勝利を収めたことだった。リーグ戦は、コルドバとの対戦に周囲の期待を裏切り破れ、実質、その敗戦により、リーグ優勝を逃すことになった。

ビック・バッキンガム (1969-71)

ビック・バッキンガムは、1969年12月19日にバルセロナにやってきた。バルサと契約のサインをする前、このイギリス人コーチはギリシャリーグで散々な経験をしていた。

ジョセップ・セケル (1969-70)

アリティガスに変わって後任につき、サバデル戦でデビューし、指揮を執った。

サルバドール・アルティガス (1967-69)

サルバドール・アルティガスは、ロケ・オルセンから任務を引き継ぎ、1967‐68年にかけて指揮をとった。

ロケ・オルセン (1965-67)

オルセンは、レアルマドリードの選手だったが、膝に重症を負い、早い時期に引退していた。

ビセンス・サソット (1964-65)

セサル・ロドリゲスが辞任した後、バルセロナのユースを担当していたサソットが後を引き継ぐことになった。

セサル・ロドリゲス (1963-65)

バルサの伝説的ストライカーは、エルチェで現役の選手としてプレーしながら、トップチームを指揮することになった。アリカンテのチームで成功を収めた後は、サラゴサに行くことを決めた。

ジョセップ・ゴンサルボ (1963)

兄弟のゴンサルボIIIは、サンスと共に、バルサの史上最高の中盤を作り上げた。彼は、200試合以上をバルサでプレーしていた。

ラディスラオ・クバラ (1962-63 I 1980)

プレーヤーとしてバルサ史上に残る伝説となったが、監督としては運に恵まれず、短期間しか務めることはなかった。

ルイス・ミロ (1961-62)

ルイス・ミロは、ジャウデットが会長についてからの最初の監督であり、バルサが6-2でバレンシアに負けた後、辞任したクバラの後任となった。

エンリケ・オリサオラ (1961)

エンリケ・オリサオラは、クラブにたった5か月しかいず、監督としては短命だった。1961年1月12日にブロシッチの後任としてやってきた。

リウビサ・ブロシッチ (1960-61)

ブロシッチは、バルセロナで1シーズンも過ごさなかった。60‐61年の最初に来て、ヘスス・ガライ、サルバドール・サドゥルニ、ジョセップ・マリア・フステといった重要なプレーヤーを獲得した。

エンリック・ラバサ (1960)

エンリック・ラバサは、エレニオ・エレラのアシスタントコーチであり、彼の解任後、職をを引き継いだ。

エレニオ・エレラ (1958-60, 1980 I 1980-81)

‘エル・マゴ’(マジシャンの意)として巷に知られていたエレラは、バルセロナに大きな足跡を残した。

ドメニック・バルマニャ (1956-58)

ドメニック・バルマニャは、40年代最初の頃の優れたプレーヤーであり、1942年、クラブにカップ優勝をもたらした。

サンドロ・プッポ (1954-55)

バルサは、ダウシックの後任に最適と考えた。バルセロナに来る前は、トルコの代表監督を務めており、スイスワールドカップでスペインを負かしていた。

フェルディナンド・ダウシック (1950-1954)

義理の兄弟にあたるクバラと共にバルセロナにやってきて、1950年から1954年までの間、トップチームを率いた。

ラモン・ジョレンス (1950)

バルサに生涯をささげ、その愛すべきキャラクターで親しまれた。

エンリケ・フェルナンデス (1947-50)

エンリケ・フェルナンデスは、膝を深い傷を負い、引退した後、47-48年のシーズンにクラブに戻った。

ジョセップ・サミティエル(1944-47)

ジョセップ・サミティエルは、その際立つ才能で選手として貢献しただけでなく、監督としても、1944年に素晴らしいスタートを切ってみせた。

ジョアン・ジョセップ・ノケス(1942-44)

ジョアン・ジョセップ・ノケスは、市民戦争の前後に渡り、バルセロナでプレーした。

ラモン・グスマン(1941-42)

選手として過ごした後、グスマンの監督としてのキャリアは、幸運に恵まれたとは言い難いものであった。

ジョセップ・プラナス(1939-41)

バルサで非常に際立つプレーヤーとして活躍した後、引退し、監督になることを決断した。

パトリック・オ・コネル (1935-37)

このカリスマあふれるアイルランド人の監督は、前年にベティスにリーグ優勝をもたらした後、1934‐35年にバルセロナのクラブにやってきた。

フランツ・プラティコ (1934-35 I 1955-56)

元バルサのGKは、ジャック・デンバイの後をついで、監督になった。

ジェイムス・ベラミー(1929-31)

ジェイムス・ベラミーは、ロマ・フォルンスと共にバルセロナの歴史上、最初のリーグを率いる栄誉に恵まれた。

ロマ・フォルンス(1927-29)

ロマ・フォルンスは、選手として輝かしいキャリアを残した後、トップチームを率いた。

ジャック・デンバイ (1926-27 I 1933-34)

バルセロナを二度、率いたことがある。(1926-1927年及び1933-1934年) 

ラルフ・キルバイ (1925-26)

国際評価の高い監督で、チームをチャンピオンにするために、アルカディ・バラゲルによって契約書にサインされた。

ヘスカ・ポスソニー (1924-25)

唯一、率いたその時期に、バルサが参加したスペインカップとカタルーニャチャンピオンズシップ、両方で優秀した。

W・アルフレッド・スポウサー(1923-24)

イギリス人監督のスポウサーは、1年しかクラブを率いることはなかったが、その成績は非常にイレギュラーなものであった。

ジャック・グリーンウェル(1917-24,1931-33)

カタルーニャに落ち着いたイギリス人コーチであり、バルサの公式の最初のコートとされている。

ビリー・ランビー(1912年)

1912年1月にバルサに移籍した初の外国人選手。イギリス国籍の中盤の選手は、35才のベテランであり、選手兼監督としても務め、国王杯、ピレネーオリエンタルチャンピオンシップを獲得した。

B. ベイレン(1912年)

ビリー・ランビーの後継者として、1912年9月に監督として初めてバルサがイギリスから獲得した。名字がはっきりしていないが(Barren、, Barzon、Baron)、当時、最も多く使用されたのは、Barrenだった。

ジャック・アルダーソン(1912-13年)

1912年12月26日、29日にFCバルセロナは、オークランド・ワンダラーズと親善試合を行なったが、その際の相手のGK、ジャック・アルダーソンをガンペル会長が深く気に入り、選手兼最年少監督(21歳)が誕生した。

記事を閉じる