Braithwaite
チーム
コーチスタッフ
  • 第二監督 Eder Sarabia
  • 助監督 Joan Barbarà
  • フィジカルコーチ Fran Soto, Edu Pons, Antonio Gómez
  • GKコーチ Jon Pascua, José Ramón de la Fuente
  • チームマネージャー Carles Naval
  • チームドクター Ricard Pruna, Xavier Yanguas, Daniel Florit
  • フィジオセラピスト Juanjo Brau, Xavi Linde, Xavi López, Xavier Elain, Jordi Mesalles, Sebas Salas, Daniel Benito
mini_2020-02-20 FICHAJE MARTIN 61
このフォワードの貢献はゴールだけにとどまらない。なぜなら両サイドでも起用可能なこの9番タイプの選手は献身さと意思の強さがある

1991年6月5日、エスビャウ(デンマーク)出身のマルティン・ブライトバイテはSGIデンマークスポーツ協会(Sædding-Guldager Idrætsforening)のスクールから自身のサッカーキャリアをスタートさせた。続いてエスビャウで、より重要なチームに移ったあと4年後にはトゥールーズへ移籍。若きブライトバイテはフランスのクラブで着実に力をつけて行く。リーガ1の4シーズンで35ゴールを決めた後、当時イングランドチャンピオンシップで戦っていたミドルスブラへ。6得点した後、改めてフランスリーグに戻った。

ジロンダン・ボルドーでのレンタル期間では、4得点を決めて、ヨーロッパリーグへの出場権を得たチームで、9番を背負うまでになった。再びミドルスブラへ戻り、2018/19シーズンの冬市場にレガネスへ加入。マドリードのチームでは、スペイン1部リーグを戦う‘ペピネーロス’の攻撃の中軸の一人になった。リーガ初年で、レアル・マドリード、バルサ、ラージョ・バジェカーノ、バレンシア、セビージャから得点を奪っている。

デンマーク人選手の実績は、同国代表での国際経験もある。デンマーク代表として、ブライトバイテは2018年W杯に出場。自身フル代表レベルで、唯一のワールドカップ参加となった同大会では、ベスト16でラキティッチ擁するクロアチア戦と対戦、PK戦の末に勝ち抜けの夢を断たれた。

出生地
Esbjerg, Denmark
生年月日
05/06/1991
体重
73kg
身長
177cm

ビデオ

全ビデオ

キーパーフォーマンス統計 Martin Braithwaite

スポンサー:

ハイライトニュース

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ