前代未聞の再逆転、PSG戦データ検証

前代未聞の再逆転、PSG戦データ検証

第一レグを 4-0で負けた後、逆転したクラブチームは、史上、存在しなかった。バルサは、第二レグを 6-1で制し、カンプノウで新たな歴史を作った。
  • バルサがPSGを前に行なった大逆転は、多くの意味において歴史に残る試合となった。4-0で負けていたバルサは、最初から圧倒的に不利な状態に立たされていたが、その統計データを見事なまでに打ち破った。 バルサが打ち立てた目標は、ほぼ不可能に思われたが、このバルサの辞書に不可能の文字はなかった。また、カンプノウもほぼ満員(96290人)となり、期待に応えた。逆転劇は、前半からスタートしたが、ぎりぎりまで叶いそうもなかったところから、最後に熱狂的な終盤を迎え、ロスタイムのセルジ・ロベルトのゴールで、バルサは6-1と逆転進出を果たすことになり、選手もチームもこの瞬間に前代未聞の一つの歴史を刻んだ。
  • ルイス・エンリケは、バルサのベンチに監督としてやってきた日から、いまだにカンプノウにおけるチャンピオンズリーグの試合では、無敗記録を続けている。  2014/15年にチームの手綱を率いてから –この年、タイトルも制覇 -バルサは、チャンピオンズリーグをスタジアムにて15回戦っており、その試合で50得点を決めており、1試合平均得点は、3,3、一方の失点はわずか 0,46点のみだ。 最後の黒星 – 2012/13年のバイエルン・ミュンヘンとの対戦-以来、バルサは、ホームで20試合無敗であり、 その内訳は、19勝1分けだ。 
  • ここまで、バルサの犠牲者になったチームは、アポエル、アヤックス、PSG (3 試合)、マンチェスターシティ  (2)、バイエルン・ミュンヘン、バイエルン・レバークーゼン、 BATE ボリソフ、AS ローマ、アーセナル、アトレティコ・デ・マドリード、セルティック・グラスゴー、ボルシア・メンヘングラッド
  • セルジ・ロベルト は、今季、正門から堂々とゴールデビューを果たす形となった。レウス出身の選手は、今季、まだ、ゴールを決めていなかったが、これ以上はないという最高の瞬間にデビューを果たした。バルサの ‘20’版は、ロスタイムに試合終了の笛がなる直前にゴールを決め、バルサのチャンピオンズリーグ、ベスト8進出に導く逆転進出をもたらしたのだった。セルジ・ロベルトにとっては、 2011/12年のBATEボリソフ戦、2015/16年のバイエルン・レバークーゼン戦以来、3回目のチャンピオンズリーグにてのゴールだった。また、興味深いことに、そのレバークーゼン戦のゴールも、バルサに逆転をもたらす結果を生んだものだった。
  • ルイス・スアレスのカンプノウにおけるデータは、通常ではない。ウルグアイ人アタッカーは、PSGを前に決めた先制点で、スタジアムでプレーした64試合において65ゴール目をマークした。この想像を絶する数字は、バルサの '9'番のゴール嗅覚の素晴らしさを如実に語るものだ。総計で、スアレスは、バルサと共にプレーした 134 試合中112を決めている。

  • また、スアレスがゴールを決める時、バルサは負けないという統計データもある。実際、2014年10月にスアレスがバルサでデビューしてから、このデータは一度も破られていない。

  • 10 シーズン連続でベスト8出場を果たしたFCバルセロナは、PSGを制して決めた進出で、再び、チャンピオンズリーグの新記録を樹立した。10年連続でベスト8進出を果たしたのだ。これは、欧州大会史上、どのクラブも達成していない前代未聞の記録だ。 2007/08年、当時、ライハールトが率いていたチームが16強でリバプールを前に敗退して以来、バルサがベスト8の試合にいなかったことはない。今年も3月17日(金)の抽選会にバルサの名前が呼ばれることになる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる