fcb.portal.reset.password

バルサは一丸となり、カンプノウでPSGを制し、ベスト8進出を決めた | FCB-Santi Garcés

カンプノウに、奇跡が舞い降りた。パリでの圧倒的に不利な第一レグの結果をはねのけて、ロスタイムにセルジ・ロベルトが決勝弾を決め、PSGを6-1と制し、過去に誰もが達成していない奇跡の大逆転を手にした。

3-4-3、幸先の良いスタート

ルイス・エンリケは、最近の試合で試していたように、この決戦、PSGとの試合において、3バックの超攻撃的布陣で臨んだ。ピケ、ユムティティ、マスチェラーノをセンターバックに据え、中盤にセルヒオ、イニエスタ、ラキティッチ、ラフィーニャ、前線にトリデンテ、メッシ、スアレス、ネイマールJrを配置し、スタートした試合は、スアレスの先制点で幸先の良いスタートを切った。前半3分にエリア内のボールを得たスアレスがヘディングシュートを、トラップのゴールマウスに突き刺した。

多くのチャンスはあったものの、次のゴールは、前半40分まで訪れなかった。ゴールラインのぎりぎりまでボールを追ったキャプテン、イニエスタが、執念でシュートを放った。それを避けようとクルザワが触ったボールが、オウンゴールとなり、バルサに2点目をもたらした。前半を2-0で折り返したバルサは、逆転を信じて後半をスタートし、後半5分にレオ・メッシがPKを突き刺し、スコアが3-0になった時点で、誰もが奇跡の進出を信じた。

カバニのゴールで立ち込めた暗雲

あと、1点決めれば、延長戦に持ち込めるという状況だったが、その夢をカバニが砕いた。後半17分、カバニがPSGに一点を返した。この時点で延長戦の可能性は消え、アウェーゴールを決めたPSGを前に、バルサは少なくともあと、3ゴールを余儀なくされた。ルイス・エンリケは、キャプテンのイニエスタをベンチに下げ、アルダ・トゥランを投入し、更にラフィーニャに代えて、セルジ・ロベルトをピッチに送った。85分の時点でも、スコアは、3-1のままだった。

奇跡の7分間

だが、勝利の女神は、カンプノウを見捨てなかった。96.290人の観客もスタンドを立つことなく、声援を送り続けた。後半43分、ネイマールが放ったフリーキックから、PSGのゴールマウスに突き刺さった。このゴールでチームの士気は、一気にあがった。ロスタイム直後にバルサ有利のPK判定が下った。今回、そのPKを蹴ったのは、3分前にゴールを決めたばかりで自信に満ちたネイマールJrだった。ネイマールJrのゴールが再び、トラップの腕をすり抜けた。テア・シュテーゲンまでが、ゴールマウスを離れ、フィールドプレーヤーの一人として、シュートを決めるべく攻め上がっていた。試合終了間際の95分、ネイマールのアシストを受けたのは、ネイマールの指示でエリア内に走りこんでいたセルジ・ロベルトだった。この日、ベンチスタートしたセルジ・ロベルトが、押し込んだボールが決勝弾となった。

決勝で優勝したかのごとく、ルイス・エンリケも選手も全員がピッチに飛び出し、抱き合って、喜びを爆発させた。サッカーに不可能はない。誰もが疑っていた逆転勝利をバルサは、2017年3月8日、カンプノウで達成したのだった。

上に戻る