メッシがFCバルセロナと共に最初に決めたゴール

メッシがFCバルセロナと共に最初に決めたゴール

メッシは、2004年の親善試合でパラモスを前にバルサの選手として、最初のゴールを決めた。

セビージャを前に決めたゴールで、レオ・メッシは、FCバルセロナと共に500ゴール目を決めた。この数字に達するまで、メッシはあらゆる相手に、あらゆる大会で、世界中のスタジアムで、ゴールを決め続けてきたし、その中の多くは、クラブに重要なタイトルをもたらし、記憶に残る大切なゴールとなった。世界中が口をあけてしまうような数々のゴールを決め続けてきたメッシが最初にバルサの選手としてシュートを突き刺したのは、パラモスでの親善試合であり、バルサが2004/05年のプレシーズンを行なった際にその歴史的瞬間が訪れた。

2004年7月20日は、メッシがバルサの選手として最初のゴールを決めた日として、記憶に残ることになった。その日から、 公式戦469試合、親善試合31試合でゴールを決め、その数は500に達した。パラモスでの当時の主役について、クラブの取材に答えて、あの日の思い出を振り返った。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる