ロニーとメッシ、リーサルコネクション

ロニーとメッシ、リーサルコネクション

FC バルセロナで共にプレーしていた頃のバルサのクラック二人のキラーコンビネーションプレーをこのビデオで再現!

3年4ヶ月21日、つまり、 1.240日間、ロナウジーニョレオ・メッシは、FCバルセロナのトップチームでロッカールームを分かち合った。メッシがフランク・ライハールトの手によって、エスパニョール戦でデビュー(2004年10月16日)してから、ロナジーニョがバルサのユニフォームを最後に身につけた日(2008年3月9日)まで、約3年半の間、この二人は、キラーコンビネーションとなったのだった。 

ロナジーニョ は、バルサにPSGからやってきた。まさに次戦の対戦相手だ。FCバルセロナは、現在、23ゴールを決め、最多得点王として、欧州のゴールデンシュー候補である絶好調の状態で、PSGを前にチャンピオンズリーグの16強第二レグを迎える。

この二人の伝説的クラックは、3年以上、共にプレーしていたが、その際に二人の素晴らしいコネクションが生み出した数々のプレーは、今でも記憶に残っているものがあるだろう。実際、レオ・メッシがバルサのユニフォームをきて最初に決めたゴールは、ロニーの見事なアシストから生まれたものだった。このキラーコンビが決めたプレーをクラブの特選ビデオでどうぞ、お楽しみください!

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる