ピッチ内外でキャプテンだったシャビ・エルナンデス

シャビ・エルナンデス(1998-2015)

シャビは、偉大な指揮者として、チームを去るまで、バルセロニズムの象徴で有り続けた。ルイス・ファンハールの手により、98年からトップチームに在籍し、バルサのユニフォームを着て、最多出場、最多タイトルを制覇した選手として、15年にクラブを去った。詳細へ

ビクトル・バルデス(2002-2014)

FCバルセロナのトップチームに12年間在籍し、ラマジェッツと共に、バルサ史上、最高のゴールキーパーと考えられている。バルサのユニフォームを身につけて、602試合に参戦した。公式戦535試合に出場し、その失点数は441、サモラ賞を5回受賞した他、2011-12年には、896分間連続無失点という新記録を達成した。詳細へ

カルラス・プジョル(1999-2014)

FCバルセロナ史上、最も重要な選手の一人と。12歳でバルサの育成カテゴリーに入り、99年にトップチームへの昇格。もともとは、サイドバックだったが、センターバックとしての才能を見いだされ、クラブでもスペイン代表でもプレーすることになった。バルセロニズムの心を揺さぶる行為により、永遠のキャプテンとして愛されている。詳細へ

サミュエル・エトー

エトーは、その決してあきらめることのない姿勢から、「不屈のライオン」と呼ばれてきた。5年間の間、チームの主力となり、クラブが獲得したタイトルは、エトーが量産したゴールによる部分が大きい。詳細へ

アンデルソン・ルイス・デ・ソウサ‘デコ’

彼はブラジル生まれだが(サン・ベルナルド 1977年8月27日生)、その名前はポルトガルで知られるようになり、その後、バルサにやってきた。フランク・ライハールトが当時のバルサのコーチだったが、ライハールトはデコがトップチームのバロメーターだと話していた。詳細へ

ロナウド・デ・アシス・モレイラ‘ロナウディーニョ’

このブラジル人ストライカーは、ポルト・アレグレ(ブラジル)に1980年に生まれた。彼のクラブで過ごした5年間は、かつてなかった偉大な選手を生み出した瞬間であり、クラブはこの決定力のある選手のおかげで、二度のリーグ優勝及びチャンピオンズリーグを獲得した。 詳細へ

ビクトル・ボルバ・フェレイラ‘リバウド’

リバウド(レシフェ、ブラジル72年生)は、97‐98年の最初にデポルティーボ・デ・ラ・コルーニャと契約を交わし、スペインにやってきた。インテル・デ・ミランに移籍したブラジル人選手、ロナウドの代役をつとめにやってきて、素晴らしいシーズンをカタルーニャで過ごした。詳細へ

ロナウド・ルイス・ナサリオ

1976年にリオ・デ・ジャネイロに生まれた。ロナウドは、その傑出した実力においては右に出るものがいない若手有望選手として、96年にPSVアンドホーベンから、バルサに移籍してきた。詳細へ

ルイス・エンリケ・マルティネス

通称‘ルチョ’(ヒホン 1970年生)は、FCバルセロナに96年の夏、レアルマドリードで5年間プレーした後、移籍金フリーでやってきた。詳細へ

ロマリオ・ダ・ソウサ

1966年にリオ・デ・ジャネイロに生まれる。FCバルセロナに1993年、PSVからやってきた。詳細へ

ウリスト・ストイチコフ

ウリスト・ストイチコフは、1966年、プロフディフ(ブルガリア)に生まれた。1990年にCSKA ソフィアから、バルサに移籍し、1998年まで在籍した。その間、95‐96年の1年間だけ、イタリアのパルマにレンタル移籍していた。詳細へ

ジョセップ・グアルディオラ

'ペップ'グアルディオラは、バルサの育成システムが生み出したもっとも優秀な選手の一人である。詳細へ

ロナウド・クーマン

'ティンティン'クーマンは、92年のヨーロッパカップ、ウェンブレイでの決勝でバルサに勝利をもたらすゴールをマークし、バルセロナの歴史に名を刻んだ。詳細へ

アイトール・ベギリンスタイン‘チキ’

アイトール・ベギリンスタイン(ギプスコア・オラベリア、1964年生)、通称‘チキ’は、伝説の‘ドリームチーム’におけるもう一人のキープレーヤーだった。詳細へ

ギジェルモ・アモール

アモール (アリカンテ・ベニドーム、1967年生)は、ミゲリとレシャックに並んで3番目に出場回数が多く、FCバルセロナの歴史を通して、もっとも重要な選手の一人である。詳細へ

ミヒャエル・ラウドルップ

通称'ミチェリーノ'ことラウドルップは、ドリームチームのアーティストだった。創造的なストライカーであり、そのエレガンスなプレイには定評があり、ガウンをまとってプレイしているかのよう、とジョークにされたほどだった。詳細へ

ホセ・マリ・バケロ

バケロは、ドリームチーム時代の疲れを知らないミッドフィルだーであり、1991‐92年のヨーロッパカップでカイザースラウテンで決めたそのゴールにより、永遠に記憶に残る選手となった。詳細へ:

アンドニ・スビサレッタ

スビサレッタ(ビトリア、1961年生)は、FCバルセロナのみならず、スペインサッカー史におけるもっとも偉大なGKの一人だった。詳細へ:

ディエゴ・アルマンド・マラドーナ

80年代世界最高の選手であり、当時から現在までの歴史上、最も偉大な選手と考えられている。1960年にアルゼンチンのラヌスで生まれた。詳細へ:

フランシスコ・ハビエル・ゴンサレル・ウルッティコエチェア‘ウルッティ’

忘れがたきウルッティ(サン・セバスティアン1952-バルセロナ2001)は、クラブ史上、最も偉大なGKの一人であり、1984‐85年の大成功を収めたシーズンのキーマンだった。詳細へ:

ベルナン・シュスター

素晴らしいクオリティのミッドフィルだーだったベルナン・シュスター(ドイツ、アウグスブルグ、1959年)は、80年代、バルサの強力な助っ人となった。 詳細へ:

エンリケ・カストロ‘キニ’

キニ (オビエド、1949年)は、 その素晴らしいゴールスコアの成績ゆえに‘ブルッホ’(魔法使いの意)と呼ばれた。そのほかにも、‘キノチョ’、‘キニゴール’などの名前でも知られ、当時のヨーロピアンサッカーシーンにおける最高のストライカーとして名をはせた。 詳細へ

ハンス・クランクル

クランクル (オーストリア、ビエナ、1953年) は、バルサ史に最高のストライカーの一人として記されているが、また、同時にファンから非常に慕われた選手でもあった。詳細へ

ヨハン・ニースケンス

‘ヨハン II’ (オランダ、ヒームスティード 1951年)は、ヨハン・クライフの親しいチームメートであり、1974年にアヤックスからバルセロナに移籍してきた。詳細へ

ミケル・ベルナルド・ビアンケッティ‘ミゲリ’

‘ターザン’ ミゲリ (セウタ 1951年)は、バルサ史上、最も数多くバルサカラーのユニフォームを着た選手 (664試合)であり、もっとも優れたセンターバックの一人でもあった。詳細へ

ヨハン・クライフ

クライフ (アムステルダム、オランダ、1947年)は、世界最高の選手であり、当時は世界一だと考えられていた。2016年3月24日、癌と闘病の末、逝去。詳細へ

ジョアン・マヌエル・アセンシ

70年代のバルサのもっとも象徴的な選手の一人だった。アセンシ(アリカンテ 1949年)は、非常によく働くミッドフィルだーであり、素晴らしいチームの心肺機能だった。また、シュート能力も高く、両足、ヘディングでゴールを決めた。詳細へ:

アントニ・トーレス

アントニ・トーレス(バラゲル1943-バルセロナ2003)は、ストッパーだったが、時には右ウイングとしてもプレーした。彼は、いわゆる‘ラインをマークする’選手であり、タフで攻撃的なだけでなく、規律正しく、安定した選手であった。詳細へ

カルロス・レシャック

1947年にバルセロナに生まれたチャーリー(‘ペドラルベスボーイ’の名でも知られていた)は、ほぼ全ての人生をバルサで過ごしたといっても、過言ではない。詳細へ

ジョアキム・リフェ

'キメット' リフェ (バルセロナ 1942年)は、バルセロナのユニフォームを数多く来た選手の一人であり、通算、535試合に出場した。詳細へ

サルバドール・サドゥルニ

サドゥルニ (ラルボス、バイシャ・ペネデス1941年)は、偉大なGKラマジェッツの後継者であり、多くの選手が彼と競っていた。そのうちの一人がレイナだった。 詳細へ

サンドル・コクシス

その空中戦の強さから、‘ゴールデン・ヘッド’の異名をとっていた。コクシス(ハンガリー、ブダペスト1929年―バルセロナ1979年)は、1956年当時、既にスター選手としてのポジションを築いていたが、ソビエト連邦の蜂起により、ハンガリーから逃亡した。詳細へ

エバリスト・デ・マセド

エバリスト・デ・マセド(ブラジル、リオ・デ・ジャネリロ、1933年生)は、その傑出したゴール能力の高さで、かつてない最高の外国人選手と歌われた。詳細へ

フェラン・オリベラ

オリベラ (バルセロナ 1936年生)は、クラブ史におけるもっとも偉大なキャプテンの一人であり、バルサのユニフォームを着て数多くの試合(500試合)に参戦した選手でもあった。詳細へ

エウロヒオ・マティネス

エウロヒオ・マルティネス(パラグアイ、アスンシオン1935年 – カレラ1984年)は、225試合中168ゴールをマークした最高のストライカーの一人だった。 詳細へ

ルイス・スアレス

ルイス・スアレス(ラ・コルーニャ 1935年)は、スペインサッカーの偉大な師と考えられており、同時に50年代後半のバルサのスター選手の一人でもあったが、彼の最盛期は残念ながら、スアレスがバルサを去った後に訪れたのであった。詳細へ

シグフリッド・グラシア

グラシア (ガバ1932年 – バルセロナ 2005年)は、クラブへの忠誠心があつい選手であり、ピッチではチームのために自らが進んで犠牲になるプレイスタイルが高い評価を得た。詳細へ

ラディスラオ・クバラ

バルセロニズムの神話的存在、クバラ(ブダペスト、ハンガリー1927年―バルセロナ2002年)は、FCバルセロナと1950年6月に契約した。クバラはハンガリーから逃亡し、バルセロナまでやってきた。詳細へ

ジョアン・セガラ

‘偉大なキャプテン’の別称で知られたセガラ(バルセロナ、 1927年 – タラデル、 2008年)は、FCバルセロナ史の中でも、最もカリスマあふれる選手だった。詳細へ

アントニ・ラマジェッツ

アントニ・ラマジェッツ (バルセロナ 1924年)は、バルサ史上、及びスペインサッカー最高のゴールキーパーだった。詳細へ

エスタニスラウ・バソラ

バソラ (コロニア・バルス、バルセロナ、1926年)は、スペインサッカー史における最高の右ウイングの一人と考えられている。詳細へ

ゴンサルボIII

マリア・ゴンサルボ(モジェット・デル・バジェス 1922-バルセロナ 2007年)は、ゴンサロIII(彼の二人の兄弟もFCバルセロナの選手としてプレーしていたため)として知られていた。バルセロナのユニフォームを数多くまとったベストプレーヤーの一人である。詳細へ

セサル・ロドリゲス

バルサの最も偉大な選手の一人。純粋なセンターFWであり、素晴らしいストライカーだった。その強烈なヘディングシュートで知られていた。セサル(レオン1920年―バルセロナ1995年)は、アルカンタラとサミティエルに次ぐ3番目の得点王であり、1947‐48年には、24試合中27ゴールをマークし、スペインリーグの最多得点王を獲得した。また、1941年から1951年まで7年連続で、クラブ内の最多得点王でもあった。バソラ、セサル、クバラ、モレノ、マンチョンなどによって構成された50年代初期のクラブにおいて、セサルは伝説的な前線の選手となり、チームの鍵となった。詳細へ:

マリアノ・マルティン

‘エリアの憤怒’の名で知られたマリアーノ・マルティン(ドゥエニャス、パレンシア1919-バルセロナ1998年)は、1試合に1ゴール以上の驚くべき率でゴールを決めたベストストライカーの一人だった。詳細へ:

ジョセップ・エスコラ

サッカー界のジェントルマン、エスコラ (バルセロ1914 – バルセロナ1998)は、後からスタートした多くのプレーのラストを飾るFWだった。詳細へ

マルティ・ベントルラ

バルサ史におけるベストウイングと考えられているベントルラ (バルセロナ 1906年 – メキシコシティ1977年)は、30年代の最も偉大なスター選手の一人だった。詳細へ

フェレンク・プラッコ

プラッコ (ブダペスト ハンガリー 1898年―サンティアゴ、チリ 1983年)は、1923年に契約し、もう一人の伝説的選手、リカルド・サモラの代理となるべくやってきた。詳細へ

ビセンス・ピエラ

‘魔法使い’の別名で知られたピエラ (バルセロナ 1903-1960年)は、バルセロナのサンツ地区に生まれ、スペインサッカー史における最高の右ウイングとして名を遺した。詳細へ

ジョセップ・サミティエル

FCバルセロナの歴史の中でも、最も象徴的な選手であり、また、当時のヨーロッパのベストストライカーと考えられているジョセップ・サミティエル(バルセロナ1902年-バルセロナ1972年)は、バルサを20年代の黄金期へと導いた。詳細へ:

ラモン・トラルバ・ララス

一般的に、‘ラ・ベイヤ’(古いもの、人などを指す)と呼ばれたのは、バルサでの長いキャリア故であった。ラモン・トラルバ (アルディサ サラゴサ1887年 – バルセロナ, 没年不詳)は、15年間の間、在籍し、FCバルセロナに忠実だったことで知られていた。詳細へ

パウリーノ・アルカンタラ

パウリーノ・アルカンタラ(ジョイロ フィリピン1896年 – バルセロナ、1964年)は、357試合中369ゴールをマークしたクラブ史上、最高得点王である。詳細へ

カルラス・コママラ

カルロス・コママラ (マドリード 1887年 – バルセロナ、1976年) は、ガンペル氏の個人的な友人であり、バルサの攻撃を引き継ぎ、1903年に引退した。カマララは、素晴らしく優秀なストライカーだった。詳細へ

ジョアン・ガンペル

1899年11月29日にFCバルセロナを創立し、1908年から1925年の間、5回に渡って会長職を務めた。詳細へ