Fati
チーム
mini_ansu
アンスマン・ファティは、2002年10月31日にギネアビサウに生まれ、2012年、10歳の時にFCバルセロナにやってきた。

アンスマン・ファティ (2002年10月31日生 ) は、ギネアビサウの首都、ビサウに生まれた。ストライカーは、6歳の時、セビージャにやってきて、セビージャFCの下部組織でプレーしていた。2012年、たったの10歳でアンスは、バルセロナにやってきて、アレビンAに入った。その後、多くの株カテゴリーを経て、トップチームまでたどり着いた。

2019年8月25日、アンス・ファティは、バルサ史上最年少から2番目の若さ、16歳298日という年齢で、リーガのトップチームデビューを果たした。これを唯一、超える記録を持っているのは、ビセンテ・マルティネスであり、16歳9ヶ月7日でデビューを果たしている。アンスは、背番号31番をつけて、カルラス・ペレスと交代して、2019/20年リーガ2節のベティス戦に途中出場し、バルサは、カンプノウで行われたこの試合を 5-2で制した。

2019年8月31日、アルサダールでおこなわれたオサスナとの対戦で、アンス・ファティは、再び、歴史に名を刻むことになった。リーガにおいて、バルサのクラブ史上、最年少でゴールを決めた選手になったのだ。たった 16歳304日で、アンスは、リーグ戦においてゴールを決めてみせたのだった。ゴールは、カルラス・ペレスのセンタリングを受けて、ヘディングシュートで決めたものであり、最終的にドローに終わった(2-2)試合の先制点となった。

記録は、継続され、リーグ戦の次節、2019年9月14日、ホームで行われたバレンシアとの対戦で、ファティは、カンプノウでスタメンをはった最年少選手となった。また、リーガにおいて、1試合で1ゴール1アシストを最年少で決めた選手となった。それはバルサのみならず、リーガ史上の最年少記録であり、記録的な夜となった。

アンスの記録は、チャンピオンズリーグでも、生まれている。 2019年9月17日、再び、背番号31番をつけて、16歳と321日でバルサにおいてチャンピオンズでプレーした最年少選手になったのだ。マシア出身のストライカーは、ジグナル・イドゥナ・パルクにて、ドルトムンドを前にスタメン出場し、59分、レオ・メッシと交代するまで、プレーしたのだった。 

出生地
Bissau, Guinea-Bissau
生年月日
31/10/2002
体重
66kg
身長
178cm

キーパーフォーマンス統計 Ansu Fati

スポンサー:

ハイライトニュース

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ