fcb.portal.reset.password

FC バルセロナの施設、カンプノウは、明日のチャンピオンズリーグ第3節、マンチェスターシティとの試合を前に、熱気に包まれた。 ルイス・エンリケ、ジェラルド・ピケ、ペップ・グアルディオラ、パブロ・サバレタがそれぞれ、記者会見を行なった。

また、ルイス・エンリケは、試合前日に最後の最終調整をティト・ビラノバグラウンドにて行なった。

練習が終わった後、ジェラルド・ピケが記者会見場で、世界中のメディアを前に質疑応答に答えた。ピケは、シティとの前日記者会見で「両者とも同じようにプレーしたがっている。選手のクオリティが鍵となる」と話した。

ピケの記者会見の後は、ルイス・エンリケが記者会見場にて、まだ、チャンピオンズリーグのグループCにはあらゆることが起きうるなどと、恒例の試合前日記者会見にてコメントした。

また、元バルサの監督であるペップ・グアルディオラが、アルゼンチン人選手パブロ・サバレタと共に、記者会見で応対し、「いつもここに戻って来られる時、私は常に満足している。カンプノウは、私が小さい時からずっとホームなのだから」「私達は世界一のチームと対戦するんだ」「彼らからボールを奪うのは、簡単ではない。それにカウンターが非常に上手い」「私達は勝ち点を必要としている。私達にとっては良いテストになる。だが、プレースタイルを変えるつもりはないし、ここ2ヶ月間プレーしてきたようにやるつもりだ」などと話した。


上に戻る