fcb.portal.reset.password

チャンピオンズリーグのグループリーグ、マンチェスターシティとの対戦前にメディア対応したジェラルド・ピケは、対戦相手の元監督、ペップ・グアルディオラとルイス・エンリケの比較、チームのプレースタイル、現況についてなど、様々なメディアからの質問に答えた。プレミアムリーグでのプレー経験もあるピケが、シティ戦前に話した内容概要は、下記の通り。

マンチェスターシティとの試合について
「グループリーグの鍵になる試合だ」
「とても僕らと似ているプレーをするチーム」だからこそ、「勝つことが一つの挑戦になる」
「要求度の高いビッグマッチになるだろう」
「グループ内1位になりたい。勝たなければならない。そうすれば、僕らは順位表において、大きな一歩を踏み出すことになり、堂々と首位になれる」

−グアルディオラとルイス・エンリケ
「二人を比較するのは、難しい」
「最初の2年間で、二人とも同じだけのタイトルを獲得している。二人して三冠を制覇し、リーグ優勝を手にしている」
「二人とも、僕らに大きく影響を与えた。彼らが来る前と後で大きく違う。僕らに多くのものを与えたし、それは個人レベルでは僕もそうだ」

−コンディション
「僕はいつも、短期、中期、長期の目標を設定しているが、今がキャリアにおいて、最も調子がいいと感じている」

−システムについて
「3バックのディフェンスにフアンを感じることは全くない」

ネイマール Jr とメッシ

ネイマールJrとレオ・メッシについてもジェラルド・ピケは、賛辞を送った。 

ネイマールJr
「向上し続けていけるポテンシャルを持っている。何年もここにいて、できるだけ多くのタイトルを獲得してくれることを望んでいるが、常に僕らは今を生きていかなければならない」

レオ・メッシ
「レオ・メッシは歴史上で世界一だ。だが、一人で全てをできるわけではない。勝つためには、全員が彼のレベルにいなければならない」


上に戻る