バルトメウ会長、モイシュ副会長、未来のカンプノウプロジェクト中の日建設計オフィス訪問

バルトメウ会長、モイシュ副会長、未来のカンプノウプロジェクト中の日建設計オフィス訪問

ジョセップ・マリア・バルトメウ会長とジョルディ・モイシュ副会長、亀井忠夫取締役社長及び日建設計のチームと共に スタジオ b720にて

FC バルセロナのジョセップ・マリア・バルトメウ会長は、第三副会長及びエスパイ・バルサコミッショナーであるジョルディ・モイシュ、エスパイ・バルサのリアルステイトディレクターのウイリアム・T. マナレッリと共に、未来のカンプノウプロジェクトが進行中の日建設計のバルセロナオフィスを訪問した。同建築デザインスタジオは、スタジアム改築設計を競う国際コンペティションで勝ち残った日本の建築コンサルティング企業だ。一行は、日建設計のCEO亀井忠夫取締役社長、バルセロナオフィスのジェネラルマネージャー、村尾忠彦氏、設計部長の勝矢武之氏と共にインスティテューショナル・ミーティングを行なった。

現在、カタルーニャの首都にあるオフィスには、 53人もが働いている。そのうちの39人が日建設計、14人が地元のパートナー、 b720 フェルミン・バスケスー設計コンペティションに参加し、プロジェクトで勝ち残った一部のパスクアルーアウシオから2年前に引き継いだーのメンバーから構成されている。

日建設計は、2016年にカンプノウ改修デザインコンペティションで勝ち残った後、バルセロナにオフィスを開くことを決定した。亀井忠夫取締役社長は、定期的にバルセロナに足を伸ばし、設計の進捗をフォローしている。このプロジェクトの状況を見るために、バルトメウ会長とモイシュ副会長が直接、オフィスを訪れたのは、今回が初めてのこととなる。

_P1F1813 copia-Optimized
_P1F1813 copia-Optimized

勝矢設計部長により、日建設計によって実施されているカンプノウに関する最新の研究について、プレゼンテーションが行なわれ、スタンドからのクオリティ高いビシビリティや新たなカバリングにより提供される温度、空気の流れや風がグラウンドに与えるインパクト、スタジアム内の人々の流れから、非常時の避難についての研究などの説明が行われた。

モイシュ副会長は、日建設計及び b720フェミン・バスケス によって行われているプロジェクトの進捗状況について、「私たちが、改修設計コンペティションの勝者のプロジェクトを選抜した時、それは一つのアイディアであり、一般的な構想のガイドラインだったが、現在、あらゆるディテールが提供されている。スタジアムに関連するあらゆるアングルから、私たちが試合を行う時も行わない時も含めての太陽光、風、気温、各席からのビシビリティなどのディテールを考慮に入れる日本的なアプローチだ。これを最も効率的なやり方で行なうことだ。それがこのプロセスを選択した時からの私たちの挑戦なのだから」と高く評価した。

日建設計は、世界中でその建築及びエンジニアリングの研究が最も評価されている企業の一つだ。100年以上の経験を誇り、日本国内のさいたまスーパーアリーナや東京ドームの設計を行なっている。亀井忠夫取締役社長は、カンプノウの改修設計は、現時点で最重要プロジェクトであると認め、「西ヨーロッパにおける最初の我々のプロジェクトだ。カンプノウは、バルセロナと世界にとって、非常に伝統的なスタジアムであり、この重要なプロジェクトの一部を担うことをとても誇りに感じている」と話した。

AIN7_20171213_NS PAA_VIS_Futur Camp Nou_FCN_Botiga-Optimized
AIN7_20171213_NS PAA_VIS_Futur Camp Nou_FCN_Botiga-Optimized


未来のカンプノウは、現在の構造を用いながらも、105,000人の新たなキャパシティを可能とするグラウンドを完全にカバーするスタジアムに生まれ変わる。この改修は、試合のスケジュールを妨げないために、4回の夏を挟み、段階的に行なわれる。日建設計の提案は、開かれた穏やかで優美な地中海的なスタジアムだ。将来のカンプノウに、バルサキャンプが完全に溶け込み、ミュージアム、バルサショップ、バルサ財団を含む地元のラス・コルツに開かれたオープンスペースとなる予定だ。

プロジェクト前進に向けて最初の承認

カンプノウの未来に向けてのプロジェクトは、数ヶ月前の首都圏総合計画の修正案が承認されてから、前進し始めている。モイシュ副会長は、「ライセンスを取得する前にまだ、やるべきことが残っているが、 これは、妥当なプロセスだ。通りの変更に伴い、新たな定義が与えられる建造物の再区画案の最初の承認を我々は、取得した。所有者の承認を受け、サインをすませ、進行している。次の非常に重要な事項は、都市化プロジェクトだ。我々はこのプロジェクトを既に終え、近隣の住民に説明し、そのスピードをあげているところだ。これらは全て、ライセンスを取得する前に必要となる手続きだ」と説明している。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる