インパクトのあるデビュー

インパクトのあるデビュー

リキ・プッチがカンプ・ノウで7万6398人のファンを前にデビュー、魅惑的なアシストと質の高いテクニックを披露した

水曜日、ラ・マシアから新たな新人選手がトップチームで姿を現した。リキ・プッチが国王杯ベスト32のクルトゥラル・レオネサとの第2戦(4-1)の56分、別の若き才能、オリオール・ブスケッツに替わって本拠地スタジアムでデビューした。

 

プッチは14歳の時に前所属ハバック-タラサからクラブへ入団。アスルグラナのピッチでその才能と足跡を残してきた。18歳のミッドフィールダーはカンプ・ノウのファンを魅了、デニス・スアレスが4-1としたゴールをお膳立てした。

選手は18歳でバルサBに進むまで各カテゴリーを経験、昨シーズンにはユース年代に相当するフベニールAでUEFAユースリーグの優勝を経験した。シーズン序盤には第2チームでプレーしていた選手だが現在はエルネスト・バルベルデ監督の下で練習を続けており、クルトゥラル・レオネサで公式戦初の登場となった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる