マシア出身デビュー選手3人

マシア出身デビュー選手3人

レオンで行われた国王杯32強第二レグで、チュミ、クエンカ、ミランダの3人がトップチームでの公式デビューを果たした。

バルサユースで育った3人がFCバルセロナのトップチームで、公式戦デビューを果たした。エルネスト・バルベルデの手により、レオンの国王杯32強第一レグ、クルトゥラル・レオネサとの対戦で、公式デビューを果たしたのは、バルサB所属のチュミ、クエンカ、ミランダだ。

チュミとミランダは、90分間、フル出場を果たし、一方、クエンカは、後半15分に、結果としてこの日の勝利弾をもたらすことになったラングレと交代して、ピッチを去った。この3人の他にも、負傷から復帰したカルラス・アレニャが前半32分に、ピッチで右足ヒラメ筋に違和感を覚えたセルジ・サンペルに交代して入った。

試合は、デンベレのアシストをラングレが決めて、0-1でバルサが勝利を収めた。

ミランダ

「うんと小さい時から、この瞬間を想像してきた。試合と勝利とデビュー戦に、すごく満足している」

アレニャ

「僕にとってすごく大事な日だった。ピッチの上での感触はとてもよかった」

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる