クラシコプレビュー: FC バルセロナ vs レアル・マドリード

クラシコプレビュー: FC バルセロナ vs レアル・マドリード

リーガ 2018/19 — 10節 10 月28日(日) 4時15分 (日本時間 翌12時15分) カンプノウ

サッカー界で最大の注目を浴びるビッグマッチ、クラシコが再び、やってきた!カンプノウは、歴史的な宿敵、レアル・マドリードを迎え、エル・クラシコを戦う。

今回のクラシコは、この試合に勝てば、再び、リーガ首位を手にできるFCバルセロナとクリスティアーノ・ロナウドが移籍した後、本来の姿とはかけはなれた勢いにかける開幕を迎えているレアル・マドリードとの対戦になるが、一方で、バルサは、チームのキーマン、レオ・メッシが右腕負傷のため、欠場するハンデを背負い、戦いに臨むことになる。

クラシコをライブ視聴するには

クラシコは、世界中が楽しみにしているビッグマッチだ。そのキックオフタイム、世界中のいつ、どこで、視聴できるのかは、クリックして、クラシコ視聴ガイドからチェックしよう。また、バルサの公式ソーシャルメディア、  Facebook や Twitter からも、フォローできる。

リーガ順位表

1. Aマドリード 19
2. FC バルセロナ 18*
3. RCD エスパニョール 18
4. アラベス 17*
5. セビージャ 16*
......
8. レアル・マドリード 14*

*まだ、今節、戦っていないチーム

セビージャを前に 4-2 で勝利をあげたバルサは、前節9節が終わった時点で、首位を取り戻したが、一足早く10節のゲームを戦ったアトレティコ・デ・マドリードが勝利を収めたため、暫定首位となっている。とはいえ、このクラシコに勝てば、バルサが首位の座を再び、手にできる状況となっている。一方、レアル・マドリードは、最近、7試合中1試合しか、勝利をあげることができず、ここ4試合中の3試合で黒星を喫している(セビージャ、アラベス、レバンテ)。

リアルタイムで、リーガ順位表全体をチェックするには、ここをクリック!

招集リスト

バルサは、レオ・メッシ、ユムティティ、トマス・フェルマーレンが負傷欠場する。一方、ジュレン・ロペテギ監督が率いるレアル・マドリードの負傷欠場選手は、ダニ・カルバハルのみだ。

ハイライト: 前日の最終調整は、ここから

クラシココメント

バルサ監督のエルネスト・バルベルデ: 「傷ついている時のマドリードの方がより、危険だ。そういった逆境を乗り越えるに十分な強さがあるし、偉大なチームだ。このクラシコで最強のマドリードと対戦することを望んでいる」

バルサのストライカー、ルイス・スアレス: 「昨年のクラシコを振り返っても、僕らはその時、もう殆どチャンピオンだったが、インテンシティはどんなクラシコでも変わらない」スアレスの全インタビューを、クリックしてチェック

レアル・マドリード監督のジュレン・ロペテギ: 「私がこれで死ぬとは思っていない。我々の状況は、逆転できないものではない。まだ10月なのだから」

元バルサの選手であり監督のペップ・グアルディオラ : 「ロナウドがいてもいなくても、レアル・マドリードはトップチームだ。だが、彼らが失ったものは、50から60ゴールと大きなものだ」

バルサとメキシコ代表のレジェンド、ラファ・マルケス : 「これは、別のメンタリティで戦う異なったゲームだ。決して容易ではない。マドリードはマドリードだ」

最後の両者の対決

クラシコトリビア

  • バルサは、リーガにおける最近のクラシコ 21試合で、毎回、ゴールを決めている。この試合でゴールを決めれば、その記録は、レアル・マドリードがもっていた記録  (1959-69)に並ぶことになる。
  • メッシもロナウドも不在のクラシコは、 2007年12月23日以来のことだ。.
  • あらゆる大会での記録を振り返れば、レアル・マドリードがクラシコでは有利であり、95勝93敗 (50分)だが、バルサは近年、急激にその差を縮めており、この試合で、バルサが勝利をあげれば、その差は1となる。
  •  2014年にバルサに移籍してきてから、ルイス・スアレスは、クラシコで6ゴールをマークしており、クラシコにおけるトップスコアラーだ。
Força Barça
Força Barça
記事を閉じる