メッシとルイス・スアレスがリーガの得点王に

メッシとルイス・スアレスがリーガの得点王に

バルサの2選手はそれぞれ7ゴールでランキングのトップに立っている

バレンシア戦でドブレテを記録したレオ・メッシと同じく1ゴールを決めたルイス・スアレスがリーガ得点をともに7とし、国内リーグの得点ランキングでトップに立っている。なおウルグアイ人選手は昨季40ゴールを決めゴールデンシューを獲得している。

以下、勝利したバレンシア戦の各種データを振り返る:

  • バルサは最近11回のメスタージャの試合で7勝4分けと敗戦がない。
  • 去る水曜日のマンチェスター・シティ戦でFCバルセロナの公式戦150試合に出場したネイマールJrだが、バレンシア戦ではリーガ試合出場を100とした。
  • バレンシアのジエゴ・アウヴェスレオ・メッシが最も得点を挙げたゴールキーパーで、通算19に上る。さらにメッシはブラジル人GKを前に蹴った4回のPKのうち3回を決めている。
  • バルサはパス成功回数でバレンシアの3倍を記録(191本)。パス総数は560で、最多の選手はマスチェラーノ(83本)だった。
  • 今回の勝利でバルサはメスタージャでのリーガ試合で最も勝利を挙げたチームとなっている(33勝)。
  • ハビエル・マスチェラーノがバルサ選手として292試合に出場、フィリップ・コクーと並んでクラブ歴代で3番目タイの試合数を誇る外国人選手になった。これを上回るのはダニ・アウベス(391試合)とレオ・メッシ(589試合)。
  • ムニルがバレンシアで公式戦初ゴール。相手となったのは昨季まで公式戦45試合に出場し10ゴールを決めたFCバルセロナだった。
  • メッシはメスタージャでのバレンシア戦(リーガ)で最多の8得点を挙げた選手となった。以下セサルの7点、ディ・ステファノとイグアインの各6点となっている。さらに公式戦でのバレンシア戦でのドブレテ(1試合2得点)の数ではサーラを上回っている(メッシ22、サーラ20)。
  • サミュエル・ユムティティはメスタージャでのバレンシア戦で最もボール奪取した選手。合計10回で、これに続くのはイバン・ラキティッチの9回だった。
Força Barça
Força Barça
記事を閉じる