ジェラルド・グンバウ、バルサBでのリバウドの指導でFK成功

ジェラルド・グンバウ、バルサBでのリバウドの指導でFK成功

元FCバルセロナの選手、リバウドは、FKの名手だった。そのリバウドがバルサBを訪れ、フリーキックについてアドバイスした後、グンバウは、アルコイアとの試合でゴールを決めた。

バルサB の CD アルコヤノ戦、86分、電子掲示板は、52分からダビッド・トーレスが決めたゴールによる 0-1のまま、変わっていなかった。 この結果は、アルコルコンをバルサBを超えて、とりあえずの首位に押し上げていた。だが、ムヒカがエリアの正面で受けたファウルが全てを変えることになった。なぜなら、ジェラルド・グンバウがそのファウルをゴールに突き刺し、スコアを1-1 に変え、ミニスタディで首位をキープしたためだった。

ここまでは知られていることだが、実は、このゴールには、ビハインド・ヒストリーがあった。主役は、ビクトル・ボルバ・フェレイラこと、バルサで1997年から2002年の間、プレーしていた元選手、通称、リバウドだ。 リバウドは、バルサBの練習を訪れーバルサBの監督、ジェラルド・ロペス及びGKコーチ、カルロス・ブスケッツは、元チームメーとだったーバルサの選手にアドバイスを与えたのだった。最高の形でのアドバイス、つまり、目の前でリバウドはその変わらぬクオリティを実践してみせて、証明したのだった。その際、リバウドは、「フリーキックを蹴るのは、本当に久しぶり」だと明かしたが、その実力は以前のままであり、ジェラルド・ロペスの率いる選手達は、実際に同じプレーを試し、シュートを放った。その中の一人は、ジェラルド・グンバウだった。このストーリーにおけるもう一人の主役だ。「リバウドがここにいるなんて、こんなに光栄なことはない。それも、どうやってフリーキックを蹴るかを直接、アドバイスしてくれるなんて。向上するように、言われたことをできるだけその通りにやってみた」とグンバウは話した。

その成果がここにある。アルコヤノとの試合で、バルサBの選手は、マエストロ・リバウドに以前、言われた通りに蹴り、それを完璧に決めてみせた。そこで決めたフリーキックは、チームにとっても、最高の贈り物となった。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる