スアレス、バルサで百ゴール目

スアレス、バルサで百ゴール目

カンプノウの国王杯第二レグで決めた先制点が、スアレスがバルサで120試合目に決めた100ゴール目となった。

FC バルセロナのストライカー、ルイス・スアレスは、カンプノウで行なわれた国王杯16強第二レグで、先制点をもたらし、バルサの勝利の口火を切って、そのゴールから始まった試合は、最終的にベスト8進出を果たす結果に終わった。 

昨年、リーグ戦で40得点を決めて、欧州ゴールデンシューを獲得したスアレスが、バルサに移籍し、トップチームでデビューを果たしたのは、2014年10月25日のことだった。彼が初ゴールを決めたのは、それから6ゲーム後、チャンピオンズリーグでのアポエル戦、同年の11月25日のことだった。

スアレスは、2014/15年のシーズンを FIFAの処分により、他より遅れてスタートすることになったが、それでも、43試合に出場し、25得点を決めた。その数字は、翌年、53試合59ゴールとほぼ、倍になった。

2016/17年1月11日、ウルグアイ人ストライカーは、120試合中出場を果たし、100ゴール目に達成した。その中には、ダブルゴール14、ハットトリック8、ポーカー(1試合に4得点)2 などが含まれている。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる