スアレス「僕らは自分たちを信じなければならない」

スアレス「僕らは自分たちを信じなければならない」

ルイス・スアレスは、イベントの中で、「サッカーでは全てが可能だ」と話し、チームは「かつてないほど一致団結」しているとコメントした。

ルイス・スアレス は、金曜日に12回目のチャリティブックイベントに参加し、メディアの前に姿をみせた。スアレスは、今回の出版におけるプロモーターの役割を担っている。スアレスは、この機会にチームがPSGを前に黒星を喫した後のチームの状況について話した。「こういった傷つく黒星の後で、気力的には難しい」状況であることを認めた上で、バルサは「困難なシチュエーションをひっくり返すキャパシティがあるチーム」だと断言した。今回の黒星の原因については明白であり、「僕ら全員に責任がある。それは勝った時も負けた時も同様だ」と明言した。

バルサは、困難なシチュエーションをひっくり返すだけのキャパシティがあるクラブだ。

今後の数週間についても、スアレスの態度ははっきりしており、「メッセージは明快だ。僕らは自分たちを信じなければならない」と言い切った。チームのここ数年間のキャリアを振り返り、「このクラブの歴史に刻むためには、僕らはシチュエーションをひっくり返さなければならない」と話し、バルサの9番は、「逆転は難しい」と認めながらも「サッカーは全てが可能だ」と話した。

パリでの黒星の後のチームの現況については、「チームは現況を理解しているし、第二レグで行わなければならないことはわかっている」「僕らは(周囲からの)攻撃も賛辞も必要以上に相手にするべきではない」との意見を述べた。また、今後の試合に向けて、「チームはかつてないほどに一致団結している」と話した。

最後にスアレスは、自身が慈善関連ブック(libro Relats Solidaris)に関与することについて、「サッカー選手は、世界的な一つのイメージを持っているが、その外では、家族があり、責任がある。多くの人々が僕たちを必要としている。僕は自分を必要としてくれる人たち、特にそれが子ども達である場合では、常にそこにあろうと努力している」との考えを示した。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる