スペシャルゲストとリハビリトレーニング

スペシャルゲストとリハビリトレーニング

スポルティングを前にゴールを決めた後、バルサは練習に戻り、セルタ戦に向けて準備を始めたが、この日の練習には、スペシャルゲストが訪れた。

スポルティング・デ・ヒホンを前に大勝し、リーグで暫定首位に立ったバルサは、その勝利を味わう暇もなく、再び、練習に戻った。昨日、スタメンでプレーした選手は、リハビリ練習を行い、それ以外の選手は、週末の試合に向けてトレーニングを行った。土曜日には、セルタを前にカンプノウで再び、リーグ戦を行なうことになる (現地時間20時45分キックオフ) 

木曜日の練習は、リーグ戦26節に向けて行われ、バルサBからは、マルロン・サントス、カルボネル、アレニャ、カプトウム、パク、マルク・カルドナ、グンバウが加わった。

その一方で、この日の練習には、特別ゲストが訪れ、目を引いた。2016年ブラジルオリンピックの金メダルを獲得したアルゼンチン人セーリング選手、サンティ・ランへが訪れ、同胞のメッシ、マスチェラーノと言葉を交わした。この55歳のアスリートは、以前のオリンピックで二回、銅メダルを獲得していたが、2015 年に肺がんを克服した後、自身のキャリアにおいて、最も大きな成功を手にしたのだった。

また、この日の練習には、ニューイングランドのアメフト選手、ロブ・グロンコウスキーも訪れた。最後のスーパーボウルで、チャンピオンとなったこの北米選手は、スポルティング戦をVIPゾーンで観戦した。 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる