グラナダ、ルイス・スアレスのテリトリー

グラナダ、ルイス・スアレスのテリトリー

ウルグアイ人クラックは、グラナダのロス・カルメネス新スタジアムに二回、訪れ、ハットトリックを含める4ゴールを決め、バルサとリーグチャンピオンを祝っている

ルイス・スアレスは、ゴールを生産するマシンだ。相手がだれであろうと、どの大会の試合だろうと、スタジアムがどこだろうと、関係ない。ウルグアイ人クラックは、ゴール嗅覚が呼び起こされるままにボールをゴールマウスに突き刺すだけだ。今週の日曜日に、バルサは、グラナダのロス・カルメネスを訪れ、リーグ戦29節を戦うが、そこも完璧にルイス・スアレスにとっては、テリトリーだ。

バルサの ‘9’ 番は、グラナダのスタジアムでは、まだ2回しかプレーしたことがないが、そこで、すでに4特典を決めている。最初に訪れた時 (シーズン2014-15)、スアレスは、ルイス・エンリケのチームに勝利(1-3)をもたらした得点のひとつを決めた。そして、昨年は、見事にハットトリック(0-3)を決め、試合の勝利だけでなく、その年 2015-16年のリーグ優勝をもたらす結果を生み出したのである。その時のゴールを覚えているだろうか。週末、戦うグラナダでの9番のゴールを再生して、ともに試合に備えよう! 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる