カンプノウでの800勝目、目前

カンプノウでの800勝目、目前

バルサは次のセビージャとのホームゲームで、歴史的な数字に達成する可能性を手にしている

バルサファンにとっての聖域、カンプノウ、近々、セビージャを迎えることになるが、その日は、FCバルセロナがリーグ戦において、カンプノウで800勝目をあげる記念すべき日となるかもしれない。バルサのスタジアムが作らてから、約60年が経過—以前のラス・コルツのスタジアムが手狭になったために作られたーしたが、現在までバルサは、1部で1.056戦を行ない、そのうちの75,66% で勝利をあげてきた。勝利数に直すと、今まで799試合で勝利をあげてきた計算になる。ちなみに、引き分けは 164回、負け試合は93回だ。

バルサは、スタジアムで国内リーグのみを戦っているわけではない。他の大会も含め、1.515戦がカンプノウで行われている。リーグ戦の次に最も多く行われているのは、国王杯 (168)、欧州杯/チャンピオンズリーグ(140)、欧州カップウイナーズ (40)、UEFA杯 (39)、フェリアス杯(34)、スペインスーパー杯, (20)、リーグカップ(12)、欧州スーパー杯(5)の順に続き、最後が、たった一度だけ行われたフィナリッシマ・フェリアス杯となる。バルサは1958年にこの大会の最初のチャンピオンとなり、この大会の最後のチャンピオンになったのは、1971年、優勝チームはリーズだった。

全大会を通してバルサのスタジアムで行われた試合中、過去に1.131回、勝利をあげており、 241回、引き分けに終わり、143回の黒星の結果となっている。この数字は、今季はさらにその記録を伸ばすことになるだろう。あと、リーグ戦が5回、チャンピオンズリーグが状況によれば2回残っているからだ。次の試合は、リーグ戦の 800勝目になるかもしれず、新たな記録が生まれるとすれば、それは4月5日(水) (19時30分キックオフ)で、セビージャが訪ねてくる日となる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる