セルジ・ロベルト、逆転を可能にした英雄

セルジ・ロベルト、逆転を可能にした英雄

マシア出身の選手は、6ゴール目を決めてバルサをチャンピオンズリーグのベスト8進出に導いた。

マシア出身のセルジ・ロベルトは、PSGとの対戦で6点目を決めて、チャンピオンズリーグベスト8への進出を果たし、FCバルセロナの歴史に名を刻み、一躍、ヒーローとなった。 96.290人の観客でいっぱいになったカンプノウは、チームの12番目、13番目、14番目の選手として、チームを後押しし、サッカー史上前代未聞の大逆転を可能にした。不可能を可能にした瞬間だった。

セルジ・ロベルトは、この試合でスタメン出場はしていなかった。スコアが3-1の状態で、76分にラフィーニャに代わって入った。試合は後、15分を残し、それに追加されるロスタイムのみがすべてだった。88分の時点で、チームは、まだ後、3特典が必要な状態だった。ネイマールJrがバルサに希望をもたらす4-1を決め、その1分後に再び、ネイマールJrが、PKを沈めてスコアは5-1にした。テア・シュテーゲンもが、ピッチに入り、エリア内でゴールを狙った。そして、セルジ・ロベルトが、ネイマールJrからのアシストを受けて、バルセロニズムが夢見ていたスコア、6-1を手にしたのだった。歴史となったゴール、カンプノウが決して忘れることのないゴール、クラブ史上、最大のヒーローにセルジ・ロベルトを押し上げたゴールだった。

バケロ、イニエスタに続く道

FCバルセロナは、その歴史を通して、数々のタイトルを制覇してきたが、セルジ・ロベルトのゴールは間違いなく、クラブの歴史に残るものになるだろう。それは、ホセ・マリア・バケロが1991/92年を前に90分にカイザースラウテルンに決めたゴール、そして、アンドレス・イニエスタが2009年に、ロスタイムにスタンフォードブリッジで、サンプドリアを前に決めたゴール同様、歴史に刻まれるゴールとなった。.

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる