ユベントス戦でのモザイクは、こうなる

ユベントス戦でのモザイクは、こうなる

クラブのモットー、‘more than a club’ (クラブ以上の存在)が、カンプノウでのチャンピオンズ第二戦に浮かび上がる文字として選ばれた

ルイス・エンリケの率いるチームは、今週の水曜日、再び、カンプノウでのマジックナイトを再現しようと望んでいる。バルサは、ユベントスを前に再び、第一戦(3-0)の結果をひっくり返すべく、戦いに臨む。PSGを前にベスト16で大逆転を可能にしたのと同じようにだ。今回も、その時同様、サポーターからの支えを受けるほか、今回は、ピッチに立った瞬間にモザイクも広げることになる。

カンプノウでのビッグマッチでは、25年前から、9万人の観衆がともにモザイクを作る使命がある。今回、浮かび上がるのは、バルサのモットー、'More than a club'(クラブ以上の存在の英語訳)だ。

モザイクは、青とえんじ、黄色から成り、また、両ゴール側に「Barça」の文字も作られる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる