エルネスト・バルベルデ、バルサの DNAを持つ経験豊富な監督

エルネスト・バルベルデ、バルサの DNAを持つ経験豊富な監督

カセレス出身の監督は、ロッカーチームの管理能力とその攻撃的なプレースタイルを特徴としている

1964年2月9日、ビアンダル・デ・ラ・ベラ(エストレマドゥーラのカセレス)生まれのバルサの新監督、エルネスト・バルベルデは、その勇敢なプレースタイルとチームをまとめる能力によって知られている。監督としての国内での経験は広く、海外では二度、ギリシャで経験を積んでいる。現在まで、4年間  (2013/14年から 2016/17年まで)、アスレティック・クラブを率いていたが、FCバルセロナに27年ぶりに戻り、監督として初めてベンチに座ることになる。 

バルベルデは 1988年から1990年にかけて、バルサのユニフォームを着て選手としてプレーし、 1997/98年、アスレティック・クラブのカデテBを率いて、監督としてのキャリアをスタートした。バルベルデは、トップチームの監督として、2003年から2005年まで率いた。アスレティックを率いたのが、トップチームでの最初の経験だった。

監督として6タイトル

一年間、その後、クラブを率いることなく過ごした後、バルベルデは再び、ベンチに戻り、エスパニョールを率いて(2006/07、2007/08年)、 UEFAのサブチャンピオンへと導いた。その後、ビジャレアル (2009/10)、バレンシア (2012/13)も率いているが、そのキャリアの中でも、忘れてはならないのが、二回に渡って率いたオリンピアコスでの経験 -2008/09 年及び 2010/11 年から 2011/12年- だ。ギリシャのスーパーリーグを3回、ギリシャカップを2回制覇し、チャンピオンズリーグでギリシャのチームを8試合率いた。

また、アスレティック・クラブを率いて、スペインスーパー杯の優勝カップを持ち上げたこともある。2015/16年のスペインスーパー杯であり、バルサを前に全体を 5-1で制して優勝杯を持ち上げた。リーガ及び欧州大会での経験が豊かなエルネスト・バルベルデは、昨季、アスレティック・クラブとヨーロッパリーグに参戦し、32強で敗退している。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる