コウチーニョ、バルサ選手で最初のW杯ゴール

コウチーニョ、バルサ選手で最初のW杯ゴール

ブラジル代表選手はスイス戦の20分にゴール正面から見事なシュートを決めた

フィリペ・コウチーニョが2018年ロシアW杯でアスルグラナ選手として初となる得点。バルサの14番はブラジル代表としてスイス戦の20分にゴールを挙げた。

ブラジル人ミッドフィールダーはゴール正面から狙い澄ませたシュートを放ち、ボールは相手GKヤン・ゾマーを破りゴールポストを叩いたあとネットを揺らした。またカナリア軍団では他にパウリーニョも試合に出場。同じく前半に絶好の得点シーンを迎えたがシュートはGKに阻まれた。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる