日本にバルサの息吹き

日本にバルサの息吹き

水曜日に日本で行われるイベントに向けて、バルサの選手が東京へ到着。Rakutenの三木谷CEOからプライベートなレセプションを受けた。

FCバルセロナのトップチームから、ネイマールJr、ジェラルド・ピケ、アルダ・トゥランが、日本で行われるRakutenのプレゼンテーションイベントのために上陸し、最初のイベント、Rakutenメディアに向けてのインタビュー及び撮影を行った。レオ・メッシは、当初の予定通り、午後の最後に到着し、木曜日のイベントから参加することになる。

この日、最初のイベントをこなしたあと、一向は、Rakutenの三木谷浩史CEOを始め、その友人、家族、招待客など、小グループでのレセプションを六本木で受けた。

既にバルサの選手は、日本に到着したが、公に姿を表すのは、木曜日以降になる。木曜日に、メインイベントは集約しており、プレゼンテーション記者会見他、国内外のインタビューなども予定されており、選手は多忙な1日を過ごすことになる予定だ。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる