バルサのDNAを象徴するバレンシア戦の先制点

バルサのDNAを象徴するバレンシア戦の先制点

アンス・ファティが挙げたゴールはチームのプレースタイルを体現するもの。シュートまでに8選手が18本のパスを通して決めた

バレンシア戦のゴールラッシュ(5–2)ではフレンキー・デ・ヨングの初ゴール、アンス・ファティのカンプ・ノウ初得点などが生まれた。しかし特筆すべきシーンの一つは1–0の場面。今シーズンのリーガ最速(1分50秒)で生まれた。またこのゴールは上述の2選手が主役。デ・ヨングのアシストでアンス・ファティが本拠地初得点を決めた。

しかしゴールの歓喜が爆発する前、プレーは少し前から始まっていた。

具体的には48秒前、エルネスト・バルベルデ監督のチームは18本のパスを積み重ねて敵陣までたどり着いていた。その間に8選手がプレーに関与した。ジェラルド・ピケからボールが動き始め、セルヒオ、デ・ヨング、カルレス・ペレス、アルトゥール、ジョルディ・アルバ、アンス・ファティ、再びピケ、セメド、そしてこれらの選手が複数に渡りボールに触れた。

El gràfic del gol d'Ansu Fati
El gràfic del gol d'Ansu Fati

この得点はバルサの遺伝子を象徴するもので、2019年のカンプ・ノウのリーガ試合でバルサの最高傑作となった。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ