代表招集されたアスルグラナ15選手

代表招集されたアスルグラナ15選手

シーズン終了後、選手たちはそれぞれの代表チームでの試合に備えている

FCバルセロナの選手たちにとって次の目標となるのは代表での試合トップチームの15選手が各代表に招集されている。セルジ・ロベルト、ジョルディ・アルバ、セルヒオ・ブスケッツ(スペイン)、イバン・ラキティッチ(クロアチア)、トマス・フェルメーレン(ベルギー)、ラングレ、ユムティティ(フランス)が欧州選手権2020の予選を戦う。

ネルソン・セメドはポルトガル代表としてネーションズ・リーグのファイナル4を戦う。オランダ代表のシレッセンと、7月1日からバルサ所属となるデ・ヨングも同じくこの舞台に立つ。

コパ・アメリカには、レオ・メッシ(アルゼンチン)、アルトゥールとコウチーニョ(ブラジル)という3選手の出場が決定している。一方ムリージョはコロンビア代表のプレメンバー入りしている。またカルラス・アレニャもイタリアで行われるU21欧州選手権に向けたスペイン同代表のプレメンバーに選ばれている。

ワールドカップが開幕

トディボ(フランス)はポーランドで始まったU20ワールドカップのグループリーグに参加している。この大会には他にもバルサB所属のロナルド・アラウホ(ウルグアイ)と、ユースAチーム所属のサイドアタッカー、コンラッド・デ・ラ・フエンテ(米国)の2人が参加している。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる