バルサ – ヘタフェ: 勝ち続けるチャンピオン (2-0)

バルサ – ヘタフェ: 勝ち続けるチャンピオン (2-0)

バルベルデの率いるチームは、ビダルとジェネのオウンゴールで、カンプノウで行われた最後のリーガの試合で勝ち点3をあげた

リーグは、終わる寸前にあり、既にリーグを制覇し、チャンピオンのバルサは、勝ち続けている。先週、セルタ戦を落としたバルサだが、再び、カンプノウで勝ち点3を取り戻した(2-0)。対戦相手は、来季チャンピオンズリーグ出場を目指しているヘタフェだったが、前半、ビダルのゴールで折り返し、後半、試合が終わる寸前に、ジェネがオウンゴールを決めて、カンプノウでの試合は終わった。リーガ最終節をバルサは、エイバルのホームで迎え、その後、国王杯決勝が行われるセビージャへ遠征する。

アルトゥーロ・ビダルの先制点

リバプールを前に辛いチャンピオンズリーグ準決勝敗退を受けた後、バルサのトップチームは、初めてピッチに上がった。デンベレがまだ、負傷から回復しない上に、ルイス・スアレスの膝の負傷による手術を受けて、今季残りの試合が欠場となった状況で、バルベルデ監督は、メッシと共に攻撃にコウチーニョとマウコム、ビダル、ラキティッチ、セルヒオの中盤にセルジ・ロベルト、アルバの両サイドバック、ピケ、ユムティティのセンターバック、GKにシレッセンを据えるスタメンで、今季、最後のカンプノウでの試合に臨んだ。

前半が終了する前に、レオ・メッシの足元を通ったボールをピケがヘディングでシュートし、ダビッド・ソリアのクリアボールが、アルトゥーロ・ビダルの足元へ落ちた。前半40分、それが、先制点へと繋がった(1-0).

そのゴールのみで試合が終わるかに思われたが、最終的にロベルトのアシストを受けたメッシが放ったシュートは、ジェネがオウンゴールとして、後半が終わる寸前に押し込まれることになり(2-0)、バルサは、2-0で試合を終えた。

アベル・ルイスのデビュー

この日の悲報は、コウチーニョの負傷だった。途中でピッチを猿ことを余儀なくされ、その結果、アベル・ルイスがピッチに立った。試合が終わるまで、25分間が残っていた。後半23分には、負傷したコウチーニョに変わって、入ったアベル・ルイスは、ミランダ、チュミ、クエンカ、リキ・プッチ、ワゲ、コジャドについで、バルベルデが今季、バルサBから、トップチームデビューさせた7人目の選手となった。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる