スアレス、今季、25ゴール

スアレス、今季、25ゴール

ウルグアイ人アタッカーは、4-6週間、離脱することになり、今季49試合に参戦し、25得点10アシストを決めて終えることになった。

ルイス・スアレスは、4週間から6週間、離脱することとなり、今季は、もう試合に出場しないこととなった。バルサの9番は、右内膝の半月板を負傷し、昨晩、クラブのメディカルサービスの監督下で、クガット医師により、木曜日の晩に、関節鏡検査の手術を行なった。 よって、ウルグアイ人アタッカーは、 2018/19年を 49試合出場25ゴール 10アシストの結果で終えることになった。 

出場した49試合のうち、45試合がスタメン出場であり、また、内訳は35勝10分で、負けたのはたったの4試合のみだった。 25ゴールに関しては、リーガで決めたのが21ゴール、国王杯で3ゴール、チャンピオンズリーグで1ゴールだった。

クラシコでの夢のハットトリック

中でも、2018年10月28日(日)、にFCバルセロナがレアル・マドリードに5-1で勝った際、ルイス・スアレスは、ハットトリックを決め、宿敵を前にしたクラシコでのたち役者となり、最高の夜を終えた。

クラブ史上、最多ゴールランキング5位

また、1月20日に、バルサ-レガネス戦でバルサが勝利(3-1)を手にした際、スアレスは、167ゴールを決めて、クラブ史上、最多ゴールランキング5のエスコラの並んだ。その数ヶ月後には、アラベスとの対戦で0-2の勝利を収めた際に (4月23日)、リーガで131ゴールを決め、ラディスラオ・クバラのバルサ史上ランキング3位の記録に並んだ。言うまでもなく、スアレスが達している数字は、わずかな選手のみに許されているものであり、とんでもない記録であることは確かだ。 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる