プレビュー:バルサ - レアルソシエダ

プレビュー:バルサ - レアルソシエダ

リーガ首位チームは、リーガタイトルが決まる1週間に3試合を行なう決定的な週となるゲームの第一歩をカンプノウで、ソシエダ相手にスタートする。

リーガが戻ってくる。チャンピオンズリーグの準決勝の切符をマンチェスターユナイテッドを制して手にしたFCバルセロナは、再び、国内リーグに集中することとなる。チャンピオンになるまで、必要なのは、後、勝ち点9だ。残されたリーグは、後、9節。現在、バルサは、勝ち点74で、首位を独走しており、2位は、アトレティコの勝ち点65。現在、33節で、バルバルデのチームは、レアルソシエダをカンプノウに迎える。今季、アノエタで行なったソシエダとの試合は、スアレスとデンベレのゴールで1-2で勝利をあげている。

優勝のかかる週

この試合は、バルサにとって決定的な3試合の最初のゲームとなる。エルネスト・バルベルデは、1週間に3回、リーガのゲームを迎える。最初がこのカンプノウでのレアル・ソシエダ、火曜日がメンディソロッサでのアラベス戦、そして、再び、カンプノウで、27日にレバンテ戦が行われる。 

この3試合全てに勝てば、バルベルデのチームは、2位のアトレティコの結果に関わらず、リーガチャンピオンが決まる。言い換えると、今週の土曜日、アトレティコが勝ち点をあげられない場合は、バルサは、アラベス戦で、リーガ優勝が決まる可能性がある。もちろん、今日の試合に勝つことを前提とした場合の話だ。

対戦相手

リーガポジション : 10位 (41点)
成績: 10勝 - 11分 - 11負
最多得点王: オヤサバル (12ゴール)
監督: イマノル・アルグアシル

レアルソシエダは、アノエタでエイバルと引き分けた(1-1)後、リーガ10位、勝ち点41点を手に、カンプノウにやってくる。降格ゾーンからは遠のいているが、バスクのチームは、ヨーロッパリーグでプレーできる可能性を残している、ヨーロッパリーグでプレーできる7位まで、勝ち点5点差と迫っているからだ。イマノル・アルグアシルの率いるチームは、ヨーロッパへの夢を胸にカンプノウで勝ち点3の獲得に臨む。

「今週は、リーグ優勝まで足りない勝ち点9点がかかっている週だ」

エルネスト・バルベルデ

バルサの監督は、前日記者会見で、「イマ現在、私たちは勝たなければいけないという必要性に駆り立てられている」と話し、「レアルソシエダに勝つことは、私たちにとって大きな意味を持つ。私たちは、チャンピオンズでスペクタクルな勝利を収めてきたが、この試合は、優勝するために非常に大事な試合だし、ユナイテッドを前に達成したあの閃きを持った試合をこの試合でも続けたい」とコメントしている。

バルベルデ招集リスト

この試合のために、バルベルデが招集したメンバーは、下記の通り。テア・シュテーゲン、セメド、ピケ、ラキティッチ、セルヒオ、コウチーニョ、アルテュール、スアレス、メッシ、デンベレ、シレッセン、マウコム、ラングレ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト、アレニャ、ビダル、ユムティティ。
トディボ、ムリージョ、ボアテング及び負傷欠場のラフィーニャ、フェルマーレンが招集外。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる