ボジャン・クリキッチ: 「この試合は、ただのゲームじゃない」

ボジャン・クリキッチ: 「この試合は、ただのゲームじゃない」

ボジャン・クリキッチは、自分の古巣と対戦する水曜日の試合が彼にとって特別なものだと認めた。今回、バルサと対戦するのは、彼がクラブを去ってから初めてになるが、同時にACミランが通過するチャンスを秘めていると強く信じている。

ボジャン・クリキッチ は、バルサの選手として、163試合中41ゴールをマークしている。www.acmilan.com (ミランの公式サイト)でサン・シロ・で行われる試合は、彼にとって感動的なものになるだろうと話している。「僕にとっては、特別な一戦だが、余り、内側にある感情については考えたくない。僕は今、僕らの目の前にある90分間のゲームにひたすら集中したい」と思っていることを話し、「今まで、決して、バルセロナと対戦したことはない。だからこそ、この試合は、僕にとってただのゲームじゃないが、僕がチームを助けたいだけだ」と付け加えた。

カタルーニャ人のFWは、このバルサとの対戦を「世界で最も大きなゲームの一つ」と定義し、「適宜なメンタリティで臨めば、僕らが次のラウンドに進めるチャンスは十分ある」と話した。「これは、スリーポイントマッチじゃない。180分間で試合が終わる、ゴールが最も重要性を持つ試合だ。僕らはスコアしなければならないし、相手にはゴールを決めさせてはならない。180分間、集中し続けなければならない」 とコメントした。


Força Barça
Força Barça
記事を閉じる