プレビュー - レアル・ベティス vs FC  バルセロナ

プレビュー - レアル・ベティス vs FC バルセロナ

バルサはリーガでの15試合連続無敗記録を目標に、ベニト・ビジャマリンへ向かう

バルサは、ベニト・ビジャマリンでプレーした時には、良い結果を残すことが多い。今節、二位のアトレティコ・で・マドリードがビルバオで2-0 と敗れた今、勝ち点差を7に伸ばして、首位を独走し続けるためにも、この好機を逃すわけにはいかない。

リーガ順位表

対戦相手:レアル・ベティス

最多得点王: セルヒオ・カナレス(6 ゴール)
監督: キケ・サティエン
元バルサの選手: ウィルフレド・カプトウム、マルク・バルトラ、クリスティアン・テジョ
リーガ記録: 27試合中 11勝 6分 L敗

TV  視聴ガイド

リーガ現況

8位 レアル・ベティス—-> 分負勝負負勝
1 位 バルサ—> 分 勝勝勝勝勝

最後の試合 (バルサ 3-4 ベティス)

 

鍵になるデータ

- バルサは最近リーガにおけるアウェーで行なった7試合中5試合を無失点で 抑えている。また、最近、ベニト・ビジャマリンで行なった7試合で無敗だ。

- レアル・ベティスは、バルサとの対戦13試合中12試合で、少なくとも2失点している。また、リーガにおける最近、14シーズン中、バルサをホームで負かしたのは、1回だけだ。

- FC バルセロナ (64.8%) とレアル・ベティス(63.8%) は、今季のリーガで最もポゼッション率が高い2チームだ。

- レオ・メッシは、ベティスとの対戦18試合中16試合で得点を決めている。一方、イバン・ラキティッチは、セビージャのユニフォームを着ていた時も含めて、ベティスに5回、ゴールを決めている。

- もし、ルイス・スアレスが得点を決めれば、リーガ史において、最多ゴールを決めたウルグアイ人選手として、ディエゴ・フォルランの記録と並ぶことになる。

 

 

招集リスト

ウスマン・デンベレとラフィーニャは負傷欠場。一方、フェルマーレンは完治報告を受けたものの、ムリージョ、トディボとともに監督判断により、招集外。バルベルデ監督は、セビージャ遠征に18人を招集している。

遠征フルメンバー

監督視点

今シーズンの早い時期にキケ・サティエンの率いるチームは、すでにバルサを敗っている。ホームでも同じことを行えると考えているサティエン監督は、「私たちは、良いパフォーマンスを見せられると信じている」と話し、「この試合でも再び、サプライズを見せられると確信している」と自信をみせた。”

一方、エルネスト・バルベルデ監督は、既にベティスを前に今季、負けているベティスに対して、細心の注意を払う必要があると警戒した。

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる