レアル・マドリード – バルサ: クラシコ完勝 (0-1)

レアル・マドリード – バルサ: クラシコ完勝 (0-1)

バルベルデの率いるチームは、三日間の間にベルナベウで行われた2試合目をラキティッチのゴールで制した。

夢にみた1週間が終わった。ベルナベウで三日間に二回、行われたクラシコは、国王杯準決勝同様、リーガでも、バルサが制し、クラシコは、バルサの完勝に終わった。今回のリーガにおけるクラシコは、イバン・ラキティッチが前半26分に決めたゴールによって、もたらされた。バルベルデの率いるチームは、宿敵のホームを堂々とコントロールし、ビニシウスJrの攻撃は、ことごとくピケとラングレによって、阻まれた。

今週、二度目ながら、やはり、ベルナベウで行われたクラシコだが、結果は、同じーバルサの勝利ーだった。エルネスト・バルベルデ監督は、国王杯準決勝の際のスタメンを部分的に変え、セメドの代わりにセルジ・ロベルトを、ビダルに代えてアルトゥールを投入して、リーガ26節のクラシコに挑んだ。

試合開始から、バルサの攻撃が続き、前半はバルサのモノローグだったが、多くのチャンスをクリエイトし、スペースをコントロールしているにもかかわらず、クルトワの守るゴールを破れず、0-0の状態が続いた。前半18分にメッシが先制点を決める寸前だったが、クルトワのゴールネットを揺らすことはできなかった。レアル・マドリードもホームの声援を受け、危険な状況を生み出そうとしたが、ピケとラングレのコンビネーションが鉄壁のディフェンスを誇った。

隙をついたラキティッチ

待望の先制点が生まれたのは、前半26分。だったセルジ・ロベルトのアシストを受けたラキティッチが、クラシコで二度目の得点を決めた。右サイドから、セルジ・ロベルトのパスを受けて、エリアに走り込んだバルサの4番は、クラシコで二度目の得点を決めた。前半38分には、スアレスが追加点を決める寸前だったが、クルトワがそれを阻んだ。

バルサのコントロールは、後半も続いた。ソラーリの率いるホームチームも、ビニシウスJrが後半14分にシュートチャンスを得たものの、ラングレがクリアし、危険を防いだ

歴史的勝利

後半25分には、メッシのアシストを受けたデンベレがゴールを決める寸前だったが、スコアは変わらず、バルサは僅差リードのまま、試合を決定づける次のゴールを求め続けた。バルベルデ監督は、アルトゥールに代えてビダルを投入。更に後半33分には、デンベレに代えてコウチーニョを投入した。スコアは、0-1のまま、変わらず、アディショナルタイムに、セルヒオに代えてセメドがピッチに入った。メッシがアディショナルタイムにゴールを決める寸前だったが、シュートはわずかに枠を外れた。試合終了の笛がベルナベウに響き、FCバルセロナは、歴史的なドローを破ることになった。この勝利で、バルサはクラシコでの勝利数を86に伸ばし、レアル・マドリードの85勝を上回り、完璧な1週間を終えることになった。 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる