ユムティティ、91日ぶりの復帰

ユムティティ、91日ぶりの復帰

フランス人センターバックは、昨年、11月のアトレティコ・マドリード戦で負傷して以来の復帰となった。

シーズンの要求度の高いこの時期に、エルネスト・バルベルデとバルサにとっては、朗報となった。サミュエル・ユムティティがサンチェス・ピチュアンで4-2と勝利を収めたセビージャを前にしたリーグ戦で、戻ってきたのだ。ユムティティは、先発し、クラシコやチャンピオンズリーグのリヨンとの試合が待ち受けるこの大事な時期に帰ってきた。

バルサのセンターバックは、昨年11月24日にワンダ・メトロポリタノでアトレティコ・マドリードを前に対戦して以来、実に91日ぶりにセビージャ戦で再び、姿を見せることになった。

ワールドカップをフランス代表とともに全試合フル出場を果たして、その優勝杯を手に帰ってきたセンターバックが、再び、アンダルシアのチームを前に現れ、バルサにとって今季、最も難しいと予想されたアウェイゲームでの勝利に貢献することになった。

ユムティティの欠場により、エルネスト・バルベルデは、ピケーラングレのセンターバックを最多起用していたが、レアル・マドリードへの遠征を前に、この復帰は心強い。現在、バルサは、5人ものセンターバック(ピケ、ラングレ、ユムティティ、ムリージョ、トディボ)から、選択できる状態になった。また、トマス・フェルマーレンも、負傷から復帰してくる寸前だ。

mini_2019-02-23 SEVILLA-BARCELONA 05
mini_2019-02-23 SEVILLA-BARCELONA 05

 

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ