プリンス、スタメンデビュー

プリンス、スタメンデビュー

ガーナ人選手は、バルサでデビューを果たし、ピッチで63分間、プレーを行なった

FCバルセロナの新加入アタッカーは、サンチェス・ピチュアンで、FCバルセロナにおけるほろ苦いデビューを果たした。ケヴィン=プリンス・ボアテングは、セビージャで行われた国王杯準々決勝、ベスト8ファーストレグでスタメンとしてプレーした。(2-0).

プリンスは、センターフォワードとして、プレーし、ルイス・スアレスと交代するまで、63分間、ピッチにたった。バルサの新加入選手は、意志の強さとやる気をみなぎらせて、バルサに入団してチームメートとなったメンバーとのコンビネーションプレーへの意欲を見せた。

ボアテング「僕の感触はとても良い。今より、もっとずっと上手くプレーしたい」

移籍して24時間後にデビューした感想を試合後に、聞かれたケヴィン=プリンス・ボアテングは、「もちろん、僕にとってデビューは、スペシャルな感触だったが、同時に勝てなかったことに怒っているし、悲しんでいる。とても難しい試合だった」と話し、「前半は僕らの方がコントロールしていたし、上だったが、ラストパスが届かなかった。週末に向けてその点を直していきたい」と分析した。スタメンだったことについては、「僕はできる限り多くプレーしたいが、1日ではまだ、チームメートの動きがわからないから、難しい。でも、僕の感触はとても良い。もっとずっとうまくプレーしたい」と今後への野心をみせた。

mini_2019-01-23 MIGUEL RUIZ SEVILLA-BARCELONA 03
mini_2019-01-23 MIGUEL RUIZ SEVILLA-BARCELONA 03

 

mini_2019-01-23 MIGUEL RUIZ SEVILLA-BARCELONA 03
mini_2019-01-23 MIGUEL RUIZ SEVILLA-BARCELONA 03

 

 

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる