カンプノウ国王杯第二レグを見る理由

カンプノウ国王杯第二レグを見る理由

バルサは、アウェイで2-1の結果に終わった試合の逆転をホームで目指す

目標: 逆転だ。木曜日にカンプノウは、レバンテと国王杯16強第二レグを戦う。第一レグは、バレンシアにて2-1で破れているが、リーガでの首位の座を固め、自信をつけて試合に臨むバルサは、ホームでの逆転を目指す

対戦相手

最多得点: ロジャー・マルティ(8 ゴール) マジョラルが2ゴール、コケ、ラファエル、カバコがそれぞれ1ゴールを国王杯で決めている
監督: パコ・ロペス(2017/18年から)
国王杯での成績:  2-0勝利、 1-1のドローで、2部のルーゴを制し、16強に進出。

試合データ

- バルサは、国王杯の第一レグで2-1で負けた試合において、最近6回、逆転を可能にしている。データ的に逆転の可能性は十分ある。

- レバンテとの対戦は、これで今シーズン、3回目となる。国王杯は、アウェーで2-1とレバンテが試合を制したものの、リーガでは、バルサがシウダ・デ・バレンシアにて、0-5で勝利をあげている。

- 国王杯でレバンテとバルサが戦うのは、6回目になる。現在の国王杯のフォーマットになってからは、3回対戦している。2004年 (1-0 、 3-1) と 2014 (1-4 、 5-1) はバルサが進出を果たした。2004年当時の選手は、現在、誰も残っていない。 2014年に戦った中では、セルジ・ロベルト、メッシ、ジョルディ・アルバ、セルヒオ・ブスケッツ、ピケが残っている。

- メッシは、クバラが国王杯で打ち立てた49ゴールの記録とタイまで、あと1ゴールと迫っている。もし、メッシがゴールを決めれば、国王杯史上における最多ゴールランキングの2位になる。1位は、サミティエルの 64ゴールだ。

エルネスト・バルベルデ招集リスト

バルサの監督は、レバンテとの対戦で逆転するのは、容易ではないが、「サポーターが共にいれば、我々はもっと強い」とホームでの利を信じている。

この試合は、バルサがベスト8進出を果たすかどうかが決まる決定的な試合であり、この試合にバルベルデが招集したメンバーは、下記の通り: テア・シュテーゲン、セメド、ピケ、 ラキティッチ、セルヒオ、デニス、コウチーニョ、アルトゥール、スアレス、メッシ、デンベレ、シレッセン、ラングレ、ムリージョ、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト、アレニャ、ビダル

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる