コウチーニョマジック

コウチーニョマジック

ブラジル人選手は、バルサで既に3得点を決めており、チームに適応してきていることをピッチで証明している。

フェリペ・コウチーニョ は、日々、FCバルセロナのプレースタイルに適応している。

現在、11試合に参戦し、そのうち、6試合をスタメンとしてプレーしているコウチーニョだが、その実力を短期間に十分にピッチで発揮してみせた。

最初のゴールは、国王杯でバレンシアを前に勝利を2-0で収めた試合で決めた。リーガでの初ゴールは、ジローナとの対戦であり、そして、バルサでの3得点目をマラガ戦で決めた。その際、アシストを送ったのは、デンベレであり、息があったところをみせた。

デンベレへの感謝

実際、マラガ戦の後で、コウチーニョは「デンベレは偉大な選手。僕のゴールは彼のプレーが全てだ。お礼を言わなくちゃね」とアシストを送ったデンベレへの感謝を語っている。

チェルシー戦分析

コウチーニョは、バルセロナで行われているサッカーの世界最大級ジュニア国際大会のイベントに出席し、今週、バルサがチャンピオンズリーグのラウンド16第2レグを、チェルシーを前にホームで対戦することについて述べた。コウチーニョは、「チェルシーは、とても良いチームだが、僕らは僕ららしいプレーをし、注意深くプレーし、可能性を増やすために、最初にゴールを決めることだ」と分析。既にリバプールでチャンピオンズリーグに参戦しているため、今年はバルサとチャンピオンズリーグで戦うことはできないが、「僕はベンチから応援している。絶対に僕らが勝つよ」とコメントした。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる