ピエール=エメリク・オーバメヤンに関する10のこと

ピエール=エメリク・オーバメヤンに関する10のこと

ガボン代表選手は、スペイン語を話すことができ、マーベルコミック、バットマンの大ファンだ

ピエール=エメリク・オーバメヤン は、FCバルセロナの選手だ。このフランス生まれのガボン代表選手の面白い個性をより知るために、いくつかをあげていくことにしよう: 

1)  彼は、 1989年6月18日にラヴァルに生まれた。フランスにあるこの町は、人口 50,000 人であり、現在、リーガにいる元アーセナルのプレーヤー、ビジャレアルのフランシス・コケリンの故郷でもある。

2) オーバメヤンは三つの国籍を持っている。生まれた場所であるフランス、父親の国籍のガボン、母親の国籍のスペインだ。代表では、ガボンでプレーすることを選択している。 

3) バルサの新ストライカーは、ヨーロッパの5リーグでそれぞれプレーしたことがある。オーバメヤンのキャリアは、ACミランでスタートしたが、イタリアのクラブではプレーすることなく、代わりにレンタル先のリール、モナコ、サンテティエンヌでプレーし、その後、ブンデスリーガのドルトムントとサインし、更にプレミアムリーグでアーセナルと契約していた。 

4) スペイン国籍の母親の息子であることにより、過去に何度かリーガでプレーしたいとの希望を告白したことがある。彼の母親であるマルガリータさんは、若くしてフランスへ移る前は、マドリードの近郊のエル・バラッコ(アビラ)に住んでいた。

5) 選手はソーシャルメディアで、彼の流暢なスペイン語は、2018年に亡くなった祖母から 習ったものだと認めている。

6) ピエール=エメリク は、家族の中で唯一のサッカー選手ではない。彼の父親は、主にフランスでプレーしていたディフェンダーであり、ガボン代表として80 回プレーしている。また、二人の兄弟もプロのサッカー選手だ。 

7) オーバメヤンは、マーベルコミックとバットマンの大ファンだ。数年前にストライカーは、バットマンスタイルの髪型にして、車にバットマンのステッカーを貼っていたことがあった。また、キャリアにおいて、ゴールを決めた時、スーパーヒーローのマスクをつけて祝ったこともある。 

8) このストライカーのセレブレーションは、長年に度り、関心を呼ぶものだ。ボルシアドルトムント時代は、バットマンの仮装をし、マルコ・レウスがロビンやスパイダーマンとなった。とはいえ、アクロバティックなセレブレーションが、最も有名だ。

9) 最近の10年間、オーバメヤンは常にゴールを二桁台にのせている。ベストシーズンは、 2016/17 年、ブンデスリーガで31ゴールを決めた時であり、その年、レオ・メッシが受賞したゴールデンシュー(37ゴール)での3位となった。

10) オーバメヤンは、キャリアにおいて優秀な多くの指揮官の元でプレーしてきている。ドルトムントでは、ユルゲン・クロップとトーマス・トゥヘル、アーセナルでは、アーセン・ベンゲル、ウナイ・エメリー、バルサの元選手、ミケル・アルテタに指導を受けている。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ