グリーズマンについて、知っておくべき10のこと

グリーズマンについて、知っておくべき10のこと

FCバルセロナの新加入選手の起源や好みなどを発見しよう

1) 作家で飛行士だったアントワーヌ・ド・サンテグジュベリとの関係
名前が同じというだけではない。サンテグジュベリの名前が最も知られたこの文学作品は、バルサの新選手のあだなにもなっている。それが、リトル・プリンス(日本では「星の王子様」)だ。また、グリーズマンの腕の前には、この作家の一節が読み取れる「あなたの人生から夢を作りなさい。そして夢から現実を作りなさい」

2) ポルトガルからマコンへ
バルサにやってきた 20番目のフランス人選手は、マコン(フランス)に生まれ、幼少期を過ごしたが、もともとの起源はポルトガルにあった。彼の母方の祖父、アマロ・ロペスは、ポルトガルでのサッカー選手としての生活を捨てて、フランスへ移住し、そこで建設に従事した。

3) フランスサッカーでの厳しいスタート 
彼の最初のチームは、住んでいた地域のフランスのチーム、マコン(シャルネ・レ・マコンは、その後、フットボール・マコナイス・ユニオンをつくるために、併合することになる)だった。彼の成長は、明らかだった。その結果、フランスの複数クラブから、声がかかり、入団試験の声がかかった。オーセール、リヨン、ソショー、サン・テティエンヌ、メス、モンペリエールからだった。だが、その背の低さにより、フランスのアカデミーから拒否された彼は、レアル・ソシエダに行くことになった。13歳で、生まれ故郷を離れ、彼を見出したエリック・オルハツと共にバヨナで、レアルソシエダユースの選手となった。

4) 小さい頃から、アスルグラナを身につけていたグリーズマン 
フランス人選手は、生まれ故郷のマコンでしか、プレーしていなかった。幼いアントワーヌが10歳の頃、そのクラブのユニフォームカラーは、アスルグラナ(青とえんじ色)であり、その時、既に彼のカラーを守っていたのだった。

5) アタッカーとして、GKとしてのゴールマウスビジョン
グリーズマンが惹かれたのは、ゴールを決めることだけではなく、それを避けることにもあった。小さい頃に味わったものであり、今でもキーウプしている。幼かったころは、グローブをつけて、ボールを止めるために飛ぶのが好きだった。成長してからも、元チームでも練習の時にグローブをはめることがあった。

6) バスケットへの関心 
小さいころから、バスケットでもシュートを決めていたが、成長してからは、バスケットへの関心を持つようになった。 NBAの大ファンであり、彼の好みの選手は、デリック・ローズだ。また、マドリードにある彼の自宅には、練習用のバスケットコートがある。

A Griezmann li agrada veure bàsquet en viu
A Griezmann li agrada veure bàsquet en viu

7) ビッグスクリーンへの登場 
バットマンのフランス語版で、スーパーマンの声を吹き替えた:  LEGO ムービー

8) 元バルサ選手のソニー・アンデルソンがお気に入りの一人
小さい頃は、他の多くの子供達同様に、お気に入りの選手のサインや写真を集めようとしていた。グリーズマンが当時、感銘を受けた選手は、FCバルセロナでプレーした後、フランスにやってきたリヨンのソニー・アンデルソンだった。ブラジル人選手のゴール嗅覚がアントワーヌを驚愕させた。

9) 車とバロンドール2016.
グリーズマンは、 2016年のバロンドールで3位に終わった。その数ヶ月前に、グリーズマンは、自分がベスト3に入ることを知った。アトレティコ・デ・マドリードの練習を終えたグリーズマンは、家に向かいながら、妹と代理人からの不在着信に掛け直した。運転しながら、その事実を知ったグリーズマンは、喜びを爆発させ、周囲のドライバーは、何が起きたのかわからず、そのリアクションに驚かされた。実際、それがバロンドール3になったという妹からの知らせだった。

10) マテ茶 
グリーズマンは、ウルグアイの文化が 気に入っており、マテ茶を常備している。これを取り入れたのは、レアルソシエダのカルロス・ブエノの影響だった。FCバルセロナでは、常にマテ茶を携帯している二人、メッシとルイス・スアレスと共に試合の時にシェアすることになる。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ