デ・ヨング、インタビューので 10 フレーズ

デ・ヨング、インタビューので 10 フレーズ

インタビュー「ようこそ、デ・ヨング」でバルサTVに話したフレーズの中でも印象深かったものをまとめてチェック

期待にあふれ、野心的で自分がいかに通用するかを証明したくてしょうがない、そんなフレンキー・デ・ヨングが、FCバルセロナにやってきた。クラブの新選手として、最初の数日に、既にその思いを伝えたこの才能あるオランダ人選手は、アヤックスで素晴らしいシーズンを過ごし、その結果、欧州サッカーでも、最も成長を期待されている選手となった。バルサTVが制作した番組、「ようこそ、デ・ヨング」で、新しいバルサのミッドフィルダーは、新たなチームメートと共に、シーズンを早く始めたくてしょうがないという思いを表現した。デ・ヨングがそのインタビューの中で、話した内容の中でも、特に興味深い10のフレーズを下記から、振り返る。

サッカーの始まり

僕の家の庭で3歳の時に初めて、それから、僕の村のクラブ、アルケルにいった。ミッドフィルダーでプレーしていたのは、僕のお父さんも、そのポジションでプレーしていたからだ。僕にとって、プレービジョンはすごく大切なものだ。僕の周囲に何が起きているのか、知りたいんだ。

ウィレム II時代

テストをうけて、残っていいと言われたんだ。全てがきちんとオーガナイズされていたし、歩いて5分のところにスクールはあった。僕をすごく助けてくれたし、あそこには、7歳から17歳になるまでいた。僕にサッカーと人生について、多くのことを教えてくれた。

アヤックス-バルサコネクション

アヤックスが獲得してくれたのは、誇らしいことだった。僕は、とても素晴らしい時間をすごしたし、戦術練習は、とてもレベルが高いものだった。哲学は、バルサのそれとすごく似ているし、もちろん、それはクライフからきている。

2018/19年シーズン

僕のキャリアにおいて、初めてリーグ優勝できたけど、チャンピオンズリーグの準決勝で敗退する感触も知った。僕らは、戦術的に非常に良いプランニングを立てていたし、多くの才能ある選手を手にしていた。

バルサへの移籍

バルサのようなビッグクラブが僕を獲得に来てくれたことは、とても大きな意味があった。とても、誇りに感じることができたよ。

なぜ、バルサなのか?

いつも、プレーしたかったクラブだからだ。そして、今、それが現実になっている。バルサは、常に魅力的なサッカーをしようとしていて、歴史的な最高の選手と共にプレーしながら、タイトルを多く手にしている。ここにいることが、常に夢だった。

Tocs De Jong
Tocs De Jong

クーマンのアドバイス

僕がバルサに移籍すると聞いて、とても、喜んでくれたよ。サッカーに集中しなければならない、なぜなら、誰もが僕を注視しているのだからと言われたよ。人々は、僕に多くのことを望んでいるだろうね。

シャビやイニエスタとの比較

彼らと自分を比較したくない。ミッドフィルダーにとっては、完璧なクラブだ。ボールをキープし、プレーをコントロールし、僕が適応するには、完璧だ。

人々が、スタジアムに来た時に楽しい時間を過ごせるような、攻撃的なサッカーをしたい。

スタートへの意欲

チームと早く一緒にプレーしたいし、街を楽しみ、人々を知りたい。全てが最高にうまくいくと思っているし、それをピッチで証明したい。

メッシ

僕にとっては、かつて見たことのない最高の選手だ。過去の選手と比べることはできない。僕にとっては、最高なのだから。攻撃の選手、ミッドフィルダーとしてやらなければならない全てを知っている。史上最高の選手だよ。

2019/20年の目標

ほとんどの試合でスタメンになりたい。選手全員が望むことだ。試合でできることを練習中で証明できるよう、全力で練習するよ。人々が、スタジアムに来た時に楽しい時間を過ごせるような、攻撃的なサッカーをしたい。

僕にしても、バルサにしても、今年チャンピオンズをとりたいと思っているし、そうなることを願っているよ。

Força Barça
Força Barça

関連 関連コンテンツ

記事を閉じる

関連 関連コンテンツ