エルネスト・バルベルデ契約延長で合意

エルネスト・バルベルデ契約延長で合意

FCバルセロナとトップチームの監督は、更に1シーズン契約延長 (2019/2020)し、また、それに1年のオプション(2020/2021)を加えることで合意に達した。

FCバルセロナとトップチームの監督、エルネスト・バルベルデは、1シーズン、契約を延長(2019/2020)することで合意した。また、更に1年間  (2020/2021)その契約を延長するオプションを加えることでも両者は、合意している。

契約延長のサインは、2月15日10時15分から、カンプノウのプレジデンシャルVIPルームで行われる。

エルネスト・バルベルデ は、17時にジョアン・ガンペル練習場の記者会見場にて、レアル・バジャドリード戦に向けて、前日記者会見を行う予定だ。

数々の記録

バルサの監督としてベンチにやってきてから、バルベルデは、わずかな期間に数々の記録を達成してきた。初年度にリーガ優勝、国王杯、スペインスーパー杯を 2018/19年に制覇している。

ここまで、バルベルデは、96 試合をFCバルセロナの監督として、率いており、全体の 68% に相当する 65勝をあげている。 引き分けは、22、負けはたったの  9 だ。この 65勝の内訳は、リーガが 43、国王杯が  11、チャンピオンズリーグが10、スペインスーパー杯1だ。

また、バルサの監督は、 2017-18年のリーガを無敗で終えた記録も手にしている。唯一の区kロボしは、シウタ・デ・バレンシアで起き、歴史的な記録が敗れることになった。最近では、バルベルデの率いる選手たりは、リーガで37説連続無敗記録を続けていたが、その記録は、リーガのアスレティック戦で敗れることになった。 

バルベルデ時代を彩る名前

ここまで率いている96試合の中で、チームが決めたゴール数は233 得点 、逆に失点はわずかに78 (そのうち、45試合は無失点)だ。その233ゴールの中で、最多ゴールを決めているのは、レオ・メッシで 74ゴール、続くルイス・スアレスが 47、コウチーニョ (18)、 デンベレ (17)、パウリーニョとピケ  (9)、ラキティッチ (8)となる。また、アシストに関してもトップは、レオ・メッシ  (32 アシスト)であり、スアレス (25)、ジョルディ・アルバ (23)、セルジ・ロベルト (13)、デンベレ (12)、コウチーニョとラキティッチ (11)と続く。

最もバルベルデが多く起用している選手に関していえば、最多出場プレー時間を誇るのは、ルイス・スアレス (7.026分)で、続いてピケ (7.024)、テア・シュテーゲン (7.020)、ラキティッチ(6.986)の順となる。試合出場数が最も多いのは、イバン・ラキティッチの89試合で、続いてセルヒオ・ブスケッツとメッシ (83)、ルイス・スアレス (82)、ピケ (81)の順となる。

Força Barça
Força Barça
記事を閉じる