fcb.portal.reset.password

2月18-19日の週末にかけても、バルサユースは再び、多くのゴールを量産した。その中から、選んだトップ5、まず、最初を飾るのは、カステルデフェルスを前にアレビンのジャン・キレスが決めたゴールだ。フリーキックから、ディフェンダーの壁を超え、直接突き刺している。4位は連携タッチから決めたベンハミンAカテゴリーのラミネ・ヤマル。ラミネ・ヤマルは、この試合で6ゴールをあげている。続いてトップ3の3位は、カデテBがアトレティコ・セグレを前に行なった試合でハイタム・アバイダが左サイドから決めたクロスシュートだ。2位はアレビンAでソロ・トラオレが決めた。1試合で6ゴールを決めたうちの一つだが、そこに至るアシストプレーも必見だ。そして、今週末の栄えある1位に輝いたのは、カデテBのイライックス・モリバ。エリア外で受けたアシストをコントロールし、ディフェンダーをかわし、エリア外から打ったシュートがアトレティコ・セグレのゴールマウスに突き刺さる。

今週末もバルサのDNA流れるトップゴールを今週もお楽しみください。


上に戻る