fcb.portal.reset.password

来日のイベントで横綱、日馬富士と対面したネイマールJr | FCB

今シーズン、最後の試合でクラブとして29回目の国王杯優勝カップを持ち上げたその三日後、ネイマールJrは、日本の寝具メーカー及びイタリアの時計ブランドのプロモーションなどで、日本を訪れ、ピッチ外でも、一大旋風を巻き起こした。

 到着当日の空港で、多くのファンに迎えられたネイマールJrは、長旅の疲れは隠せない様子だったが、日本のファンの声援に応え、写真を撮ったりサインに応じたりとファンサービスにつとめ、サポーターを喜ばせた。

 ネイマールが契約しているイタリアの高級時計ブランドのイベントでは、日本の横綱、日馬富士との初顔合わせ。ネイマールJrと初めて会った日馬富士は、「テレビで見るより、かっこいい。男前だね」と話し、ネイマールに是非、相撲を見に来て欲しいと誘うと、ネイマールJrが「行ってみたい」と興味を示したと、現地スポーツ紙電子版は伝えた。現地メディアの要望に応え、186センチ137 キロの日馬富士に、相撲の取り組みを真似て、ネイマールJrが組んでみせるシーンもあった。また、この日、ネイマールJrの来店をあらかじめ、時計ブランドが告知していたこともあり、原宿店は1000人を超える人だかりとなった。警察車両4台が出動する騒ぎにまで発展し、改めて、日本でのネイマール人気が浮き彫りになった。

 ネイマールJrが日本を訪れたのは、2015年12月FCバルセロナと共に参戦したクラブワールドカップ以来。今回で来日は、4回目になる。今回の日本再訪に、ネイマールJr本人もTwitterで、「日本に到着したばかり。また、ここに来れてとても幸せだよ」とコメント。日本語で、「#ありがとう」のハッシュタグをつけ、日本でのおもてなしに感謝の意を評した。

上に戻る