fcb.portal.reset.password

ドーハで行なわれた親善試合で、アル・アハリを3−5で制した後、ルイス・エンリケは、バルサTVを前に試合について語った。

ルイス・エンリケが「出来る限り、最高の形で」試合を行なったと話す一方で、強化ディレクターのロベルト・フェルナンデスは、負傷について「これといって深刻なことがなかった」ことを幸せに思うと話した。

また、ルイス・エンリケは、「守備よりも攻撃的なサッカーがあった」と選手のプレーについて評価した。

また、メッシ、ネイマール、スアレス、アルカセルと4人のアタッカーがゴールを決めたことに、ロベルト・フェルナンデスは、とりわけ、満足感を現し、「アタッカーが点をとるのは、常に良いことだが、とりわけ、アルカセルが自信をつけるのによかった」とパコ・アルカセルがバルサに移籍してきての初ゴールをマークしたことに喜びを現した。

ルイス・エンリケは、「次の試合のために、一刻も早くリカバリーすること」が大事であり、次のエスパニョールとのバルセロナダービーについて、頭を切り替えていた。

詳細は、ビデオから。

ルイス・エンリケ、チャンピオンズリーグ抽選について

今回のチャンピオンズリーグ抽選PSGとラウンド16で対戦することになった件に突いて効かれたルイス・エンリケは、「私達にとってはサプライズではない。アーセナルとPSGは、もっとも多く対戦している2チームだ。私達はセカンドレグをホームで戦えるように努力し、達成した。進出できることを願っている」と答えた。

上に戻る