fcb.portal.reset.password

エスパニョール戦でプレーをするイニエスタ/ MIGUEL RUIZ-FCB

Luis Enrique, al Power8 Stadium / MIGUEL RUIZ-FCB

FCバルセロナが、パワー8スタジアムでダービー戦を制した試合(0-2)のキャプテンを務めたアンドレス・イニエスタやセルヒオ・ブスケッツ、退場になったジョルディ・アルバやトップチームの監督、ルイス・エンリケがミックズゾーン、記者会見場で話した内容は、下記のとおり。

アンドレス・イニエスタ

「僕らは素晴らしい前半ととても完成度の高い試合を行なった。ここで勝つためには、こういった試合をする必要があるとわかっていた。対戦相手に他の選択肢を与えず、僕らは効果的にプレーできた。ダービー戦は全員にとって特別な試合だが、僕らは満足してここを去ることができる

「エスパニョールのファンと僕には、特別なものがある。拍手してくれたことに僕はとても感謝している」

 「最大の努力をしなければならない10人よりは11人でプレーする方がいい。退場があったが、チームはテンションをキープし、僕らはしなければならないことをきちんとできたと思う」

セルヒオ・ブスケッツ

「リーグ(優勝)がより近くなっている。試合数が少なくなっているからだ。だが、ハードに最後まで追わなければならない。僕らのやるべきことをやり、マドリードが負けるのを待つのみだ」

「バイエルンを前に行なう試合は、とても難しいものになるだろう。彼らは偉大な選手と監督を手にしている。誰に取ってもスペシャルな試合になるのは明白だ。チャンピオンズの準決勝なのだがら、その試合の重要性は当然のことだ」

ジョルディ・アルバ

「最初のイエローカードは、ジェスチャーのせいだった。二枚目は僕が‘いつも僕だよ’と言ったせいだった。未だに信じられない。でも、主審の決断なのだから、それに敬意を払わなければならない」

「三つのチームはどこも難しい相手だが、バイエルンはとても負かすのが難しいライバルだとわかっている。今回は2年前と逆のことが起きて、バルサが決勝に行けることを願っている」


Luis Enrique: "Continuamos dependiendo de... by fcbarcelona

ルイス・エンリケ

「また1節をプレーし終わり、まだ、私達次第の状態が続いている。それがポジティブな点だ」

「感触だけではやっていけない。大事なのは、勝ち点とその結果だ

「試合スケジュールは、当初、こなせる相手だが、それを証明しなければならない。今回はダービー戦であり、そのライバル故に難しいアウェー戦だった」

「後のこっている5試合もそれぞれの難しさがある。今から、この大会における最も大事な終盤に入っていく

「ジョルディ・アルバは、主審に‘いつも僕だ’ということを言ったと僕には話した。ホラー映画じゃない限り、それが警告(イエローカード)の理由になってはならない。実際、どう書かれているかを知るまで、待たなければならない」

上に戻る
_satellite.pageBottom();