fcb.portal.reset.password

オイエル、バルサと共に FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

FC バルセロナとグラナダCFは、オイエル・オラサバルの移籍で合意した。移籍に経済取引は派生しないが、 FCバルセロナは将来、選手が移籍した場合に経済利益を手にする権利を有している。

FCバルセロナは、公にオイエル・オラサバルがクラブ在籍中に捧げたプロフェッショナル性と貢献に感謝の意を表し、将来の最大の幸運を願うものである。 

バルサで7年間

オイエル・オラサバル (14/09/1989) は、FC バルセロナの下部組織に2007/08年にレアル・ユニオン・デ・ラ・イルンかあらやってきた。バルサの選手として将来性のあるGKとしてのプロジェクトでやってきて、移籍してすぐにスタメンを手にした。当時は3部だったが、オイエルと共に2部に昇格を果たした。
 
ペップ・グアルディオラの指揮下、その後は、ルイス・エンリケ、エウセビオに率いられてバルサBで数シーズンを過ごし、2007/08年にはアルコヤノを前に国王杯でトップチームデビューを果たした。トップチームに在籍したが、ビクトル・バルデスとマヌエル・ピントの陰で、公式戦2試合、国王杯1試合、リーグ戦1試合に参戦したのみだった。 

上に戻る