fcb.portal.reset.password
Messi, entre dos rivals eslovens

メッシはスロベニアを前に得点を決めた。 / FOTO: FIFA.COM

FC バルセロナの選手は、土曜日にそれぞれの代表、カメルーン、アルゼンチン、スペインと共に戦い、勝利を収めた。木曜日にスタートするワールドカップに向けての最終調整の結果は以下の通り。

  • カメルーン-モルダビア (1-0) カメルーン代表はモルダビアをエドガル・サリが前半30分に決めた得点のおかげで、破ることになった。バルサの選手、アレックス・ソングは、スタメン出場し、守備的ミッドフィルダーの位置でフル出場を果たした。カメルーンは、Aグループであり、開催から2試合目をメキシコを相手に戦うことになる。
  • アルゼンチン-スロベニア (2-0). リッキー・アルバレスとバルサの選手、レオ・メッシがアルゼンチンに勝利をもたらした。アルゼンチンのワールドカップにおける最初の対戦相手は、ボスニア・ヘルツェゴビナだが、その前の最後の親善試合となった。バルサとの契約を2018年まで伸ばすことで合意したハビエル・マスチェラーノは、スタメン出場し、79分間プレーした後、ママナと交代した。一方、メッシは57分からの出場となったが、76分にディ・マリアとアグエロとのトライアングルでの連係プレーから2得点目を決めた。
  • スペイン-エル・サルバドル  (2-0). 元バルサの選手、ダビッド・ビジャが後半に2得点を決めて、デル・ボスケ率いる代表に勝利をもたらした。アルバ、イニエスタ、セスク、ペドロはスタメン出場を果たしたが、アルバを除く三人は後半以降は、ベンチに戻った。逆に後半、ブスケッツとチャビがピッチにそれぞれ、67分、73分に入った。セスクは試合が始めってすぐにPKのシュートを失敗し、ブスケッツは試合の終盤にシュートを放ったが、ポストに弾けた。
上に戻る